140万円でインプレッサをV12ランボルギーニより3秒速くする方法が見つかる

140万円でインプレッサをV12ランボルギーニより3秒速くする方法が見つかる コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

スバル・インプレッサ WRX は、日本の スポーティなハッチバックの中で最も象徴的で人気のあるモデルの 1 つです。スバルは、 1992 年に WRC参戦車両としてレガシィ RSに代わってWRX を導入しました。しかし、いくらレース由来のインプレッサ WRXでも、V12エンジンを搭載したランボルギーニ ムルシエラゴに挑戦することは不可能に思えます。

しかし、この男はそれを実現しました。

YouTube チャンネル Overdrive は、1万ドルと6ヵ月もの製作期間を費やし、サーキット上でランボルギーニ ムルシエラゴをぶっちぎるインプレッサ WRX を製作しました。

セルフビルドのスバル インプレッサ WRX ハッチバックがランボルギーニ ムルシエラゴ スーパーカーにどのように勝ったのかを学びましょう。

なぜインプレッサ WRXなのか?

140万円でインプレッサをV12ランボルギーニより3秒速くする方法が見つかる

サーキットで V12 ランボに挑戦するという探求の中で、YouTube チャンネル Overdrive(オーバードライブ)はスバル インプレッサ WRX を改造することにしました。WRXが選ばれた理由は、ホンダ・シビック タイプ Rや日産・350Z ニスモなど、他の選択肢と比較して、ハイパワー、多大なアフターマーケット サポート、そして何より低価格だったからです。

このインプレッサ WRXは、最高出力250 PS / 6,000 rpm、34.0 kg-m / 3,600 rpmのトルクを発生する強力な 2.0 リッター 水平対向4気筒ターボエンジンを搭載しています。インプレッサ WRX は、5 速マニュアル トランスミッションを介して 4 輪すべてに動力を送り、0-100km加速5.8秒を実現します。

しかし、走行距離が 140,000 マイルを超えた Overdrive の WRXワゴンでは、196 馬力しか発揮できませんでした。

スポンサーリンク

この低予算で改造された WRX は 305馬力です

140万円でインプレッサをV12ランボルギーニより3秒速くする方法が見つかる

インプレッサWRXはスバルの印象的な数字はラリーの DNA を反映していますが、631 馬力のムルシに勝つには不十分です。そこでOverdrive チームは、アップグレードとしてレース クラッチと軽量フライホイールを取り付けました。

さらにBCレーシングコイルオーバーと調整可能なダンパーを交換して、コーナリング時のボディロールを軽減しました。さらに、WRX プロジェクト カーで公道走行可能なタイヤとしては最速の部類に入るセミスリック タイヤを装着しました。チームはアンダーステア​​を軽減するために、標準サイズのブレーキディスクとより硬いアンチロールバーを選択しました。

また現金を節約するために大型ターボの購入を避け、代わりに排気システムと燃料ポンプをアップグレードし、より大型のインジェクター、ブースト ソレノイド、新しいエア フィルターを取り付けて、初代インプレッサ WRX ハッチバックのパワーを向上させることにしました。すべてのアップグレードにより、スバル ハッチバック WRX は、当初の 196 馬力から 305馬力を実現しました。

対するランボルギーニ ムルシエラゴのスペック

140万円でインプレッサをV12ランボルギーニより3秒速くする方法が見つかる

ランボルギーニムルシエラゴには、640ps/8000rpmと67.3kgm/6000rpmのトルクを生み出す 6.5 リッター自然吸気 V12 エンジンが搭載されています。強力なエンジンは、6速MTまたは6速セミATを介して 4 つの車輪すべてに動力を送ります。ムルシエラゴの0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は320km/hを超えます。

スポンサーリンク

インプレッサ WRX、ランボルギーニを蹴散らす

140万円でインプレッサをV12ランボルギーニより3秒速くする方法が見つかる

6 か月かけて製作を完了した後、Overdrive チームはサーキットにインプレッサWRXとランボルギーニ・ムルシエラゴをサーキットに持ち込みました。

ムルシエラゴが初めにアタックを行い、1分24秒で完走しました。カスタムビルドされたインプレッサ WRX は、ランボ ムルシエラゴよりも約3 秒速い、1 分 21秒の記録的なタイムでラップを終了しました。

悪天候にも関わらず、4000ドル(約57万円)で購入した中古のスバル・インプレッサWRXが、17万2000ドル(約2400万円)のランボルギーニ・ムルシエラゴを2.77秒上回ったのです。これは、低予算で作られた車であっても、スーパーカーに見合った走りを提供できる、羊の皮を被った狼になれることを証明しています。

画像出典:OVERDRIVE

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました