史上最高と言われるスポーツカーエンジン10選

80スープラ コラム
この記事は約8分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

誰もが、圧倒的なパワーと圧倒的な耐久性、そして天使の歌声を持つエンジンに憧れるものです。この3つの要素を極限まで高めることは不可能に近いですが、これらのセグメントを個別に見ると、客観的な勝者が存在します。

例えば、耐久性の高い事で知られる国産スポーツカーエンジンは、もしかしたら一生使えるかもしれませんが、10倍もするハイパーカーほどパワフルではありません。

そしてまた、前述のハイパーカーを走らせ続けるには相応の費用がかかります…マクラーレン675LTのエンジンで10万ドルの失敗をしたこのYouTuberに聞いてみてください。

さて、ここで疑問が生じます…何がエンジンを素晴らしくするのでしょうか?パワーがすべてだと言う人もいれば、ガツンとした馬力があっても、1週間おきに修理に出さないといけないのでは意味がないと言う人もいます。

そして、国産エンジンの中には、純正の3倍以上のパワーを発揮するものもあるので、アフターマーケットの可能性も忘れてはいけません。これらの条件をバランスよく満たしたものが、優れたエンジンだと考えています。

そこで今回は、スポーツカーに搭載されたエンジンの中から、最も偉大なエンジンをご紹介します。信頼性、パワー、アフターマーケット性、サウンド、どれをとっても完璧なバランスのエンジンです。

ただし、このランキングは排気量の小さいものから大きいものまでであり、そのエンジンがどれだけ優れているかということではありません。

マツダ 1.3L ツインターボロータリーエンジン「13B-REW」

4ローター・4輪駆動・1300馬力のマツダ・RX-7がGoProをバターのように溶かす
YouTube チャンネルRob Dahm

マツダのロータリーエンジンは、最も信頼性が高いとは言えないものの、国産スポーツファンやチューナーの間で人気があります。マツダFD RX-7に搭載されたこの小さな1.3リッターロータリーエンジンは、ツインローターに2つのターボチャージャーを搭載しています。

これにより、FD RX-7は最高出力280ps、最大トルク32 kgf・mを発生させます。この小さなエンジンでこれだけのパワーを出すとなると、13Bエンジンに大きな負担がかかるのは想像に難くありません。

しかし、それでもチューナーたちは、このロータリーエンジンからとんでもないパワーを絞り出すことを止めません。13Bはノーマルのターボチャージャーで350psを発生させることができると言われていますが、適切なアップグレードをすれば、もっと大きな力を発揮することができます。

スポンサーリンク

ホンダ 2.0L NA 直列4気筒 「F20C」

S2000
Hatsukari715 – 投稿者自身による著作物, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2999295による

ホンダS2000は、史上最高の4気筒エンジンであるF20Cを搭載した、史上最高のドライバーズカーの1つと言われています。

このエンジンはそのレッドゾーンと、ホンダの隠し味であるVTECが世界的に支持されています。F20Cエンジンのレッドゾーンは9,000rpmであり、VTECとの組み合わせにより、ホンダS2000は停止状態から時速100kmに約6秒で到達することができます。

トヨタ 3.0L ツインターボ直6エンジン「2JZ-GTE」

80スープラ

伝説の2JZエンジン、特に2JZ-GTEと呼ばれるターボエンジンは、世界的に史上最高のチューナーエンジンと言われているエンジンです。トヨタの2JZ-GTEは3.0リッター直6ツインターボで、ノーマルでは280PS、46.0kgf・mのトルクを発生します。

しかし、2JZのセールスポイントは、なんといってもそのアフターマーケットの可能性でした…。推奨はしませんが、このエンジンで2,000psをはるかに超えるパワーを引き出すことは可能です。

スポンサーリンク

日産 3.8L ツインターボV6エンジン 「VR38DETT」

GTR

RB26など日産は長年にわたり、非常に優れたエンジンを製造してきました。しかし、そんな日産エンジンの中でも、他のエンジンに勝るとも劣らないエンジンがあります。

日産R35GT-Rに搭載されているVR38DETTは排気量3.8リッター、2基のターボチャージャーを搭載し、最高出力600ps、最大トルク66.5kgf·mを発生します。このVR38DETTは、R35 GT-Rの発進から時速100kmまで2.7秒で到達することを可能にしました。

ポルシェ 4.0L NA 水平対向6気筒エンジン 「MA1.76/MDG.G」

911 GT3
画像出典:ポルシェ

この4.0L NA 水平対向6気筒エンジンはポルシェの911 GT3などに搭載されています。

確かに、強制吸気エンジンほど大きなパワーは出せないかもしれませんが、自然吸気の4.0L 水平対向6気筒エンジンは、510psと47.9kgf·mのトルクを発揮します。

さらに、このエンジンのレッドゾーンは9,000rpmで、911 GT3 RSの最高時速は320kmです。2023年にパワフルなNAエンジンが存在するのは非常に希少であり、多くの車好きに支持されています。

スポンサーリンク

フェラーリ 4.5L NA V8エンジン 「F136」

フェラーリF430

フェラーリのエンジンは、V8からV12、そしてV6まで、数十年にわたり、数々の傑作を生み出してきました。その中でもF136 V8はその官能的なサウンドで有名です。

F136 V8エンジンは、フェラーリではF430でデビューし、フェラーリ458スペチアーレでそのポテンシャルを発揮するまで、10年以上にわたって生産されました。排気量4.5リッター、最高出力605ps、最大トルク54.8kgf·m、レッドゾーンは9,000rpmと、F136 V8はパワフルであると同時に素晴らしいサウンドを持っています。

レクサス 4.8L NA V10エンジン 「1LR-GUE」

LFA
Autoviva from Portugal – Lexus LFA Nürburgring PackageUploaded by Altair78, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=14250731による

1LR-GUEはトヨタを中心にヤマハの協力も得て作られた、レクサス・LFAのみに搭載される排気量4.8LのV型10気筒エンジンです。最高出力560PS、48.9kgf·mのトルクを発揮します。エンジンサウンドは「天使の咆哮」とも喩えられ、アイドリング状態からレッドゾーンまでわずか0.6秒で吹け上がります。

余談ですが、エンジン単体価格は約900万円といわれています。

スポンサーリンク

ポルシェ 5.7L NA V10エンジン 「980/01」

カレラGT
Brian Snelson from Hockley, Essex, England – Flickr, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=4413452による

980/01はポルシェカレラGTに搭載されるNA 5.7リッターV10エンジンです。最高出力612PS、最大トルク60.2kgmを誇ります。ドライサンプ方式を採用しており、これだけの性能を持ちながらエンジン単体重量は200kg弱と軽量です。

カレラGTはカーボンファイバー製のタブに、エンジンやサスペンションを支えるサブフレームを連結するボディ構造となっており、シャシーの構造物の一部を除きカーボンファイバーでできているため、車両重量は1,380kg、パワーウェイトレシオは2.25となっています。

BMW 6.1L NA V12エンジン「S70/2」

マクラーレン F1

マクラーレンF1に搭載されているエンジンは、マクラーレンが製造したものではなく、BMWが製造したものであることが知られています。

BMWが開発したS70/2と呼ばれるエンジンは、自然吸気の6.1リッターV12で、最高出力627ps、最大トルク66.3kgという驚異的な数値を叩き出します。

マクラーレンF1のパワフルなエンジンのために行われたエンジニアリングの量は尋常ではありません…例えば、エンジンのある部分は、溶けないように慎重に金を並べなければなりませんでした。

マクラーレンF1は1998年3月31日に最高時速386km/hで世界最速の量産車としてギネス世界記録を樹立した車です。

スポンサーリンク

GM 7.0L NA V8エンジン「LS7」

Z06
Thomas doerfer – 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2171685による

GMのV8エンジン、LSシリーズは信頼性が高く、非常にパワフルであることで知られています。その中でも最も人気のあるスポーツカー用エンジンはLS7でしょう。このV8エンジンは、7.0Lという大排気量で、最高出力511ps、最大トルク64.90kgfmというとんでもないパワーを発揮します。

C6コルベットZ06のようなクルマに搭載された巨大なLS7は、Z06の最高速度199mph(320km/h)を可能にしました。

名作・迷作エンジン図鑑: その誕生と発展をたどる
グランプリ出版
¥2,640(2024/06/24 23:21時点)
きちんと知りたい! 自動車エンジンの基礎知識
日刊工業新聞社
¥2,200(2024/06/25 05:41時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました