【ブガッティだけじゃない!】16気筒エンジンを搭載した車5選

コラム
Craig Howell from San Carlos, CA, USA - DSC09539, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=38341740による
この記事は約5分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

何十年もの間、 4 気筒エンジンのような小型エンジンは、量産車に多く採用されてきました。6気筒、8気筒、10気筒、12気筒のエンジンは、高級車や高性能車に採用されるのが一般的です。16気筒エンジンは市販されていますが、スポーツカーやスーパーカーでさえ、市販車では非常にまれな存在です。本記事では16気筒エンジンを搭載した車を5台ご紹介!

1930-1937年 キャデラック 7.4 リットル OHV V16 エンジン – 175 HP

キャデラック V-16
By Ramgeis – fotografiert von Ramgeis in Pebble Beach, Kalifornien im August 2004, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=604329

1930年のニューヨーク・オートショーで、キャデラックはV型16気筒エンジン搭載車を世界で初めてデビューさせました。452型と呼ばれるそのエンジンは、7.4リッター (452立方インチ) の排気量を持っており、同社の最高級の車であるキャデラック V-16に搭載し、強大なパワーと類い稀な静粛性を両立していました。

185馬力のピーク出力を持つキャデラックは、1916 年に世界初の V12 を導入したパッカードに対抗するつもりでした。1930年から1940年までの間に 4,076 台の V16 が製造され、キャデラックは高級車セグメントのリーダーとしての地位を固めました。

スポンサーリンク

1931-1933 マーモン シックスティーン8.0 リットル OHV V16 エンジン – 200 HP

マーモン シックスティーン

1931-1933 マーモン シックスティーンは、V-16 エンジンを搭載した別のアメリカ車です。排気量は491立方インチ (8.0 リットル) で、製造されたのは400ユニットだけでした。当時としては非常に先進的で、全体にアルミニウム合金を使用して軽量化を図っています。米国自動車技術者協会は、ニューヨーク・オートショーで「1932 年の最も優れた自動車」として表彰しました。

1995年 ヒメネス ノヴィア 4.1- リットル W16 エンジン – 560 HP

W16エンジンを使用した最初のスーパーカーは、ブガッティ ヴェイロンではなく、ヒメネス ノヴィアでした。ミッドマウントの 4.1 リッター16気筒エンジンは、4 つのヤマハ FZR1000 1.0 リッター直列4気筒エンジンで構成され、これまでにない80のバルブが備えられていました。しかし、技術的には真の W16エンジンとは呼べません。4気筒×4列、2本のクランクシャフトを横に並べたレイアウトをしています。

ノビアのW16は560馬力を発生し、最高速度379km、0-60mph加速は3.1秒でした。ラモン ヒメネス (フランスのオートバイ レーサー) が少人数のエンジニア チームと一緒に製造し、10 年を要し、855,000ドルの費用がかかりましたが、1 回限りの作品にとどまりました。

スポンサーリンク

1991-1995年 チゼータ V16T 6.0 リッター V16 エンジン – 560 HP

チゼータ
Craig Howell from San Carlos, CA, USA – DSC09539, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=38341740による

チゼータ V16T は、ランボルギーニ・カウンタックのデザイナー、マルチェロ・ガンディーニ氏により作り出されたスーパーカーです。1988年に最初に公開され、1991年から 1995年にかけて、最終的には15台が製造されました。

V16Tエンジンは、横置きに取り付けられた一対のV8エンジンで、単一の鋳造アルミニウム ブロックを共有し、中央のタイミングケースによって連結されていました。6.0 リットルの排気量で、560馬力を発生させることができます。

2005年~ ブガッティ 8.0 リッター クワッドターボ W16 エンジン – 1600 HP

シロン・プロフィレ

ブガッティのスーパーカーに使用されているフォルクスワーゲングループが設計した W16 は、最も強力な 16 気筒エンジンです。90度で接続された2つのVR8エンジンで構成されています。このエンジニアリングの驚くべき点は、3,712 個の個々のパーツを備えており、組み立てに2人で6日を要する点です。W16エンジンは、クアッドターボのセットアップと4本のカムシャフトを備え、排気量は8.0リットルです。

2005 年のヴェイロンで最初に使用され、987馬力を発生しました。2010年には、より大型のターボチャージャーの採用やその他の変更により、出力が 1,183馬力に向上しました。2016 年、ブガッティは古いW16エンジンを捨て、1,479馬力を発生するシロン用のW16エンジンを新しく開発しました。W16 エンジンは、驚異的な1,600馬力を発生します。

↓楽天限定

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました