自動車レース史上最も悲惨な事故の忘れ去られた物語

自動車レース史上最も悲惨な事故の忘れ去られた物語 コラム
この記事は約7分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

1955年のル・マン24時間レース中に発生した大規模な事故は、モータースポーツ史上最も悲惨な出来事と言われています。この事故では83人の観客とフランス人ドライバーのピエール・ルヴェーが死亡し、約120人が負傷しました。この事故はスイスで全国的なモータースポーツ全面禁止令が発令されるきっかけとなりました。

事故がおきるまで

自動車レース史上最も悲惨な事故の忘れ去られた物語

1955年のル・マン24時間レースには、フェラーリ、ジャガー、そしてメルセデス・ベンツといった歴史的な自動車メーカーが、新しく改良された車両で参戦し、モータースポーツファンにとって大いなる期待と興奮をもたらしました。これらのメーカーはすでに過去に優勝経験があり、競争が激化することが予想されました。

当時のチャンピオンであるフェラーリは、非常に速い車を持っていましたが、信頼性に課題があり、機械的な故障が頻発しました。一方、ジャガーはル・マン24時間レースを重要なイベントとし、経験豊かなドライバー陣を揃えて臨みました。さらに、メルセデス・ベンツはF1で成功を収めた後、新しい300 SLRを投入し、スターリング・モスの記録的な勝利を収めました。この車は超軽量のマグネシウム合金で作られたボディを特徴としており、ディスクブレーキを搭載せず、代わりにインボードドラムブレーキと大型エアブレーキが採用されました。

メルセデスのチームマネージャー、アルフレッド・ノイバウアーは、多国籍なドライバーラインアップを組織しました。ファン・マヌエル・ファンジオ、スターリング・モス、カール・クリング、アンドレ・シモン、ジョン・フィッチ、ピエール・ルヴェーなど、経験豊かなドライバーたちがメルセデスを代表しました。特に、1952年のレースでル・マン初優勝を果たしたピエール・ルヴェーは、注目の存在でした。

サルトサーキットは1923年以来ほとんどレイアウト変更されず、1955年には最高速度が270km/hを超える車両が参戦しました。サーキットは戦後改修と拡張が行われましたが、ピットレーンとレーシングラインの間に障壁がなく、観客と車両を分けるための土手しかありませんでした。また、当時はシートベルトが一般的ではなく、ドライバーは事故時に車内に閉じ込められることを避けるために放り出されることを望んでいました。

1955年のレースは午後4時にスタートし、フェラーリ、ジャガー、メルセデス・ベンツの先頭車両が競り合いました。

スポンサーリンク

悲惨な事故の発生

自動車レース史上最も悲惨な事故の忘れ去られた物語

しかし、事故は35周目の午後6時26分に発生してしまいます。事故当時、マイク・ホーソーン(ジャガー)とファン・マヌエル・ファンジオ(メルセデス・ベンツ)は激しい競争を繰り広げていました。

前の周で、ホーソーンのピットクルーは彼に次の周にピットに入るよう合図を出しました。ホーソーンはオースティン・ヒーレー100Sのランス・マックリンを左から追い越し、ピットインの為に急減速しました。これが事故の直接的な原因となってしまいます。

自動車レース史上最も悲惨な事故の忘れ去られた物語

ジャガーには先進的なディスクブレーキが搭載されており、ドラムブレーキのオースティンを駆るランス・マックリンは車を十分に速度を落とすことができず、左に車を振りました。その結果、マックリンの車はコースの中央に進路を変え、一時的にコントロールを喪失したようでした。

自動車レース史上最も悲惨な事故の忘れ去られた物語

これにより、マックリンの車は後ろを走るルヴェー(メルセデス)の進路に入ってしまいました。ルヴェーには回避する時間がなく、彼の車の右前輪がマックリンの車の左後部に乗り上げ、車は宙を舞い、コースと観客エリアを飛び越え、横転しました。

この衝突でエンジンブロック、ラジエーター、フロントサスペンションなどが観客に飛び散り、大規模な被害をもたらしました。また、ルヴェー本人も重度の火傷を負って亡くなり、彼の死体は憲兵が横断幕を降ろして覆い隠すまで、歩道に丸見えのまま横たわっていました。

ぶつけられたマックリンの車は、ピットウォールに衝突し、警察官、カメラマン、職員2名を轢き、再びコース上に跳ね返りました。マックリンは車から飛び降りて堤防を飛び越え、重傷を負うことなく事故を生き延びました。

レースは続行した

自動車レース史上最も悲惨な事故の忘れ去られた物語

レースは赤旗中断となり全面中止になるのではないかと予想されていたにもかかわらず、レースディレクターのシャルル・ファルー率いるレース関係者はレースを続行しました。この決定に関し、ファルー氏は事故から数日後に「もし大勢の観客が一斉に退場しようとしたら、周りの幹線道路をふさぎ、負傷者を救出しようとしている医療従事者や救急隊員のアクセスを著しく妨げていたであろう」と説明しています。

一方、西ドイツのシュトゥットガルトではメルセデス・ベンツの取締役による緊急会議が行われ、チームのリタイヤが決定しました。メルセデスのトラックは荷物を積み込み、朝までにはサーキットを去りました。

スポンサーリンク

ホーソンのその後

自動車レース史上最も悲惨な事故の忘れ去られた物語

ホーソーンとジャガーチームは事故の影響を受けつつも、レースを続行しました。一方、メルセデスチームは撤退し、フェラーリもすべての車両をレースから引き上げたため、ジャガーは主要な競争相手がいない状況となりました。

ホーソーンとジャガーチームは最終的に、アストンマーティンに5周の差をつけてレースに勝利しました。しかし、日曜日の朝から天気が崩れたため、通常の祝勝会は行われませんでした。それにもかかわらず、報道写真には表彰台の上で勝利者のシャンパンボトルを楽しむホーソーンの姿が写され、フランスの雑誌『オート・ジャーナル』は、「健康に乾杯、ホーソンさん!」という皮肉なキャプションと共に記事を掲載しました。

そんなホーソンは事故から4年後のイギリスの一般道で、偶然にも自身のジャガーで知人のメルセデス・ベンツを追い越した際にコントロールを失って事故死しています。

事故のレガシー

自動車レース史上最も悲惨な事故の忘れ去られた物語

1956年、西部自動車クラブ(ACO)はサルトサーキットで大規模なコースの改善とインフラの変更を実施しました。ピットストレートは再設計され、スタート/フィニッシュラインの直前にあったよじれを取り除くために幅が広げられ、減速車線のスペースも確保されました。ピット施設は取り壊され、新しい施設が建設され、チームにより多くのスペースが提供されましたが、これにより以前の60台ではなく52台のスターターに制限されました。グランドスタンドも再建され、新しい観客用テラスがコースとの間に広い溝を設けて建設されました。これらの変更により、サルトサーキットはより安全で近代的な施設となりました。

事故の結果、飛散物や火災による死者は報告によれば80人から84人で、さらに120人から178人が負傷しました。一部の観察者は、犠牲者の数がそれ以上である可能性もあると見積もっていました。この事故はモータースポーツ史上でもっとも悲惨な事故の一つとして残り、多くの人々に影響を与えました。また、犠牲者への追悼のため、ル・マン大聖堂で特別ミサが行われました。

死者数の多さから、フランス、スペイン、スイス、西ドイツ、および他の国々では、モータースポーツがより高い安全基準を達成するまで一時的に競技が禁止されました。

多くの国は禁止を一年以内に解除しましたが、スイスの禁止は数十年にわたりました。このため、スイスのレースプロモーターは他国でサーキットイベントを開催せざるを得ませんでした。スイスでは2003年に禁止解除の議論が始まり、2009年には二度目の禁止解除提案が否決されました。しかし、2015年には電気自動車に限り禁止が緩和され、最終的に2022年に禁止が解除されました。

画像出典:Le Monde in English

死のレ-ス1955年ルマン
二玄社
¥1,033(2024/06/25 19:05時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました