2023年型ポルシェ・マカンの2つの長所と1つの短所

2023年型ポルシェ・マカンの2つの長所と1つの短所 コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ポルシェは2022年度に、世界的な数々の危機にもかかわらず、2021年度を3%上回る合計309,884台を販売しました。

販売台数首位のポルシェカイエンの販売台数は95,604台、2位には、86,724台のマカンが続き、依然としてポルシェのSUVは高い支持を得ています。

中でもマカンはそのコンパクトさから日本でも人気で、筆者の勤める高級中古車販売店でも多くの問い合わせをいただいています。

本稿ではパフォーマンスとスタイルに対するブランドのこだわりを体現した2023年型ポルシェ・マカンの、3つの長所と1つの短所をご紹介します。

2023年型ポルシェ・マカンの価格は?

2023年型ポルシェ・マカンの2つの長所と1つの短所

パワフルなエンジンを搭載したマカンは、ポルシェのレーシングヘリテージに忠実で爽快なパフォーマンスを発揮します。そのベースモデルの2023年型マカンは、それでも265psを発揮し、最高速度は232km/hに達します。また、0-100km/hタイムは6.4秒です。

グレードメーカー希望小売価格最高出力0-100km最高速度
ベース838万円~265馬力6.4秒232km/h
T901万円~265馬力6.2秒232km/h
S1073万円~380馬力4.8秒259km/h
GTS1295万円~440馬力4.5秒272km/h
スポンサーリンク

2023年型ポルシェ・マカンはスポーツカーの性格を持つ

2023年型ポルシェ・マカンの2つの長所と1つの短所

2023年型ポルシェ・マカンは、同ブランドの伝統的なセダンよりも快適です。ほとんどの顧客は快適性を求めてポルシェ911を求めているわけではありませんが、マカンはその両方を提供する素晴らしい仕事をしています。

同社は、「ポルシェのDNAは、傾斜したルーフラインから認識できます。”フライライン “は、マカンに特徴的なスポーツカーの輪郭を与えています」と述べています。

最新モデルのエンジンは、2.0L 直列4気筒ターボと2.9L V型6気筒ツインターボの2種類。どちらを選んでも、マカンは楽しい走りと十分なパワーを提供します。どちらも7速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)オートマチック・トランスミッションを搭載。

スポーツクロノパッケージなど、いくつかの追加パッケージを2023年型マカンに追加することで、ハンドリングとパフォーマンスを向上させることができます。ステアリングホイールにあるポルシェの新しいスポーツ・レスポンス・ボタンは、昔のビデオゲームのように20秒間最大パワーを送り出すことができます。

最新のマカンでドライバーは安心できる

2023年型ポルシェ・マカンの2つの長所と1つの短所

2023年型ポルシェ マカンには、オンロードでもオフロードでもドライバーの安全を守る、多くのドライバー支援システムが搭載されています。例えばアクティブレーンキープ、アダプティブクルーズコントロール、レーンチェンジアシストなどです。また、新しい交差点アシストシステムや、深夜のドライブのためのナイトビジョンアシストもあります。

ポルシェはマカンのキャビン全体に多くのエアバッグを装備し、平均的なSUVよりも優れた保護性能を提供しています。ポルシェは、パフォーマンスや乗り心地とともに、車両の安全性を最優先しているのです。

スポンサーリンク

2023年型ポルシェ・マカンはカイエンに勝てない

2023年型ポルシェ・マカンの2つの長所と1つの短所

新型マカンが期待を上回っているとはいえ、カイエンの方が多くの面で少し優れているのは事実です。キャビン内のスペースが少し広く、どのグレードでもパワーがあります。これらの理由は、ベースモデルが1198万円から始まり、カイエンSでは1561万円に達する、より高いコストを意味します。

結局のところ、2023年型ポルシェ・マカンは小型ラグジュアリーSUVとしては堅実な選択肢です。800万円台で、マカンはパワフルでよくできたマシンです。マカンのインテリアは、細部にまで細心の注意を払って作られており、日常的な運転に実用的な選択肢です。オープンロードのスリルも、SUVの実用性も、ポルシェ・マカンは両方の長所を兼ね備えています。

復刻版 嗚呼!!ポルシェへの道 (PAD文庫)
PADノベルズ
¥891(2024/04/11 19:58時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました