テスラの20年: 市場で最も革新的な自動車メーカーの歴史

テスラの20年: 市場で最も革新的な自動車メーカーの歴史 コラム
この記事は約14分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

2003年にシリコンバレーのエンジニアたちによって設立されたテスラは、今年で設立20周年を迎えます。同社は電気自動車によって自動車業界に変革をもたらし、モデルSのようなEVで不動のファン層を作り上げてきました。

では、イーロン・マスクの電気自動車ブランドはどのようにしてこれほどの名声を博したのでしょうか?その歴史を簡単に見ていきましょう。

2003年

テスラの20年: 市場で最も破壊的な自動車メーカーの歴史
By Nicki Dugan – https://www.flickr.com/photos/thenickster/254881879/, CC BY-SA 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12029290

7月、テスラモーターズはシリコンバレーのエンジニアのグループによって設立されました。意外と知られていない事ですが、テスラの現CEOであるイーロン・マスクは、歴史の大部分においてテスラを率いてきましたが、常に会社の舵を取っていたわけではありません。 

有名な物理学者ニコラ・テスラにちなんで名付けられたテスラは、2 人のエンジニア、マーティン・エバーハードとマーク・ターペニングによって 2003年に設立されました。その後、J・B・ストラウベル、イアン・ライト、イーロン・マスクが共同創設者として加わりました。 

エバーハード氏は 2007 年 8 月まで CEO を務めましたが、その後すぐに退社しました。

スポンサーリンク

2004年

2月、マスク氏は2004年に同社のシリーズA資金調達ラウンドを主導し、650万ドルを投資し、会長としてテスラ取締役会に加わりました。

2006年 

8月、マスクは「テスラモーターズの秘密のマスタープラン(ここだけの話)」と題したブログを公開し、ブログ内で 

「読者の中には、テスラの長期的な計画が、手頃な価格のファミリーカーを含む幅広い車種を製造することであることをご存じない方もいらっしゃるかもしれません。これは、テスラ・モーターズの包括的な目的(そして私が同社に資金を提供している理由)が、炭化水素を採掘して燃やす経済から、太陽電気経済への移行を促進することにあるからである。」

と述べ、世界を化石燃料からクリーンエネルギーに移行させる手助けをするというテスラの長期的使命を説明しました。

スポンサーリンク

2007年

テスラは11月、ゼエフ・ドロリ氏が11月末にテスラの経営陣に就任すると発表しました。イスラエルのエンジニアで技術のベテランであるドロリ氏は、テスラの最初の車であるロードスターを 2008 年の第 1 四半期までに市場に投入する任務を負っていました。 

2008年

テスラの20年: 市場で最も破壊的な自動車メーカーの歴史
fogcat5 – https://www.flickr.com/photos/fogcat5/255000227/, CC 表示-継承 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1656001による

2月にはテスラ初のモデルである、テスラ・ロードスターのデリバリーが開始されました。

ドロリ氏はロードスターをなんとか予定通りに生産開始し、最初の車両は当時同社の会長を務めていたマスク氏の元へ渡りました。 

同社は3月中旬までに、ロードスターの定期生産を開始するという目標を達成した。 

当時、ドロリ氏はこのイベントを「会社にとってのマイルストーンであり、電気自動車の新時代への分水嶺」と呼びました。

テスラは、価格10万9000ドルのロードスターを2012年1月まで生産し、合計2450台を販売しました。

しかし、そんなテスラを金融危機が襲います。

「世界の金融システムは大恐慌以来最悪の危機を経験しており、その影響は経済のあらゆる面に広がり始めている。ほぼすべての企業が今後の展開によって影響を受けると言っても過言ではない。これはシリコンバレーにも当てはまります」とマスク氏は当時語っています。

マスク氏は会社を引き継ぎ、人員削減を行うと発表。同氏はまた、テスラの次期車であるセダン「モデルS」の発売時期を2010年から2011年半ばに延期しました。 

しかし、11月までに同社の財務状況は悪化し、テスラは破産の危機に瀕します。 

テスラの財政状況を回復し、ロードスターの生産を加速するために、同社の取締役会は4,000万ドルの転換社債による資金調達を承認しました。

スポンサーリンク

2009年

テスラ

テスラは2009年3月、カリフォルニア州ホーソーンのスペースX本社で2台目の自動車モデルSを発表しました。  

モデル Sは2009年5月12日までに、予約数がすでに1,000件を超えていました。   

4,000万ドルの資金調達により、テスラは最も暗い時期を乗り越えることができましたが、バッテリー技術をさらに開発するにはさらに多くのリソースが必要でした。 

そこで、テスラは2009年6月にもエネルギー省から4億6500万ドルの融資を受け、2013年5月までにこれを返済しました。

2010年

テスラが上場。テスラは1330万株を1株当たり17ドルで売り出しました。同社は2億2,610万ドルを調達。 株価は23.89ドルで終了し、テスラの評価額は22億ドルとなりました。

スポンサーリンク

2011年

2023年、億万長者とそのクルマ
By Maurizio Pesce from Milan, Italia – Elon Musk, Tesla Factory, Fremont (CA, USA), CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=38354348

2011 年10月、テスラはモデル S のほぼ量産モデルを約 3,000 人の早期予約者に披露しました。 

マスク氏は、この車両の走行距離は1回の充電で320マイル、時速0マイルから時速60マイルまで4.5秒で走行できると明らかにしました。 

「石油会社は電気自動車は機能しないと言ったが、本当は機能させたくないのだ。でも、ここにある。彼らはこの車をユニコーンと同じだと言うだろう。さて、今夜、あなたはユニコーンに乗る機会を得た。」とマスク氏はイベントで語りました。

2012年

テスラの20年: 市場で最も破壊的な自動車メーカーの歴史

わずか数カ月後、マスク氏は同社初のSUVである モデルXのプロトタイプを発表しました。

この車両の最も斬新な特徴はファルコンウィングドアでした。モデル X の発表当時、テスラは 2014 年までにモデル X を量産することを目指していました。しかし、実際に量産開始となるのは 2015 年末でした。 

大きな節目として、テスラは2012 年 6 月にモデル Sの顧客への納入を開始しました。

生産ラインから出荷された最初のモデル S は、他ならぬベンチャーキャピタリストでテスラの取締役会メンバーであるスティーブ・ジャーベットソンに渡され、「TSLA S1」という名のカリフォルニア ナンバー プレートが付けられました。 

スポンサーリンク

2014年

テスラの20年: 市場で最も破壊的な自動車メーカーの歴史
By Smnt – Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=85278008

テスラは、2014 年 2 月にテスラ ギガファクトリーと呼ばれる巨大なバッテリー工場を建設する計画を発表し、最終的にネバダ州スパークスに建設することを決定しました。 

元の敷地は1,000エーカー(404.7ha)でしたが、2015 年6月に同社は隣接する土地の 1,864 エーカー(754.334ha)を追加購入しました。

2015年

4月

テスラの20年: 市場で最も破壊的な自動車メーカーの歴史

テスラは、家庭用の巨大な充電式バッテリーであるパワーウォールと、商業用バッテリーであるパワーパックを発表しました。

テスラは、2015年にカリフォルニア州ホーソーンで開催されたイベントでパワーパックとパワーウォールを発表し、エネルギー分野に大きく進出した。

同社はウェブサイト上の声明で「テスラは単なる自動車会社ではなく、エネルギー革新会社である」と宣言しました。

9月

テスラは当初、 SUV「モデルX」を2013年末か2014年初めに発売する予定が、生産の遅れにより納入をほぼ2年延期せざるを得なくなったと発表。 

特徴的なドアなど、この車両の高度に特殊化された機能により、大量生産が複雑になりました。

10月

テスラは、新しい先進運転支援システム「オートパイロット」を有効にするソフトウェアアップデートの展開を開始しました。2014年後半以来、テスラはオートパイロットを機能させるために必要なレーダー、カメラ、超音波センサーを車に搭載させていました。 

オートパイロットをオンにすると、モデルS は自動的に車線の中央に留まり、自動でブレーキや加速を行うことができます。

2016年

3月

マスク氏は2016年3月31日に 待望のモデル3を発表しました。マスク氏は、この車の走行距離は 1 回の充電で 215 マイル以上、時速0マイルから60マイルまでは6秒未満で走行できると発表しました。

5月

テスラの20年: 市場で最も破壊的な自動車メーカーの歴史

オートパイロットによる最初の死亡事故が発生。6月30日、米国政府規制当局は死亡事故とテスラのオートパイロット機能との関連性を調査していることを明らかにしました。テスラはこの事件を「悲劇的な損失」と呼ぶ声明を発表しました。

テスラの声明によると、モデルSは分断された高速道路を走行中、トレーラーが車両に対して垂直に高速道路を横切ったといいます。 

「オートパイロットもドライバーも、明るい空を背景にトレーラーの白い側面に気づかなかったので、ブレーキはかけられませんでした。トレーラーの車高が高く、道路を横切る位置にあり、衝突という非常にまれな状況でした。モデルSがトレーラーの下を通過し、トレーラーの底部がモデルSのフロントガラスに衝突した」とテスラは述べています。

6月

テスラはマスク氏のいとこが経営する太陽光発電設置会社ソーラーシティの買収に26億ドルの入札を行いました。 

当然のことながら、ソーラーシティの取引は当初から物議を醸していました。主な理由は、ソーラーシティが約30億ドルの負債を抱えており、この取引が救済策と見なされていたためです。 

さらに問題を複雑にしているのは、マスク氏が同社の会長でもあったことです。

2017年  

2月

2017年、テスラは自動車を販売するだけではなくなったという事実を反映するために、社名から「モーター」を削除しました。 

7月

テスラのタイヤは特殊なタイヤ?

テスラは、 2017年7月にモデル 3 の発表会を開催しました。最初の車はマスク氏とテスラの従業員に贈られました。 

テスラにとって、より手頃な価格の量産車であるモデル 3 を市場に投入することは、テスラが事業範囲を拡大するために極めて重要でした。その後、テスラの生産台数は週あたり数千台にまで増加しました。

11月

テスラはカリフォルニア州ホーソーンで行われたイベントで、セミトラックのコンセプトを披露しました。セミの発売は何度も延期されてきましたが、テスラは現在、2023年に生産を開始すると発表しています。 

テスラ ロードスター

セミトラックの発表会で、同社はまた、別の将来の製品である新しいロードスターを発表しました。

テスラは、20万ドルのスポーツカーはわずか1.9秒で時速60マイルに達すると主張しました。こちらも遅れを経て、2023年に生産開始される予定です。

2018年

2月

宇宙への旅立ちから5年、テスラ・ロードスターの現在地が明らかに

マスク氏は、スペースX社が開発した超大型ロケット「ファルコンヘビー」に個人所有のミッドナイトチェリーのテスラ・ロードスターを乗せました。運転席にはスペースXの宇宙服を着た「スターマン」と名付けられたダミーが縛り付けられており、この車は現在猛スピードで宇宙を駆け抜けています。

8月

マスク氏はTwitterの投稿で、テスラを「1株420ドルで非公開化することを検討している」と述べました。このツイートにより、投資家を惑わせたとして米証券取引委員会(SEC)の調査が開始されることになります。最終的にマスク氏が2000万ドル(22億円)の罰金を支払う事で両者は和解しました。しかし、マスク氏はテスラ取締役会会長を辞任しなければなりませんでした。

2019年

3月

テスラのタイヤは特殊なタイヤ?

自動車メーカーは4 番目の車両となるTesla Model Yを発表しました。テスラは、モデルYは1回の充電で300マイル走行でき、7人乗りが可能だと発表しました。

10月

テスラは上海工場の建設を開始しました。これにより、テスラは合弁事業を行わずに中国に工場を所有する初の西側自動車メーカーとなりました。 

11月

サイバートラック

マスク氏は2019年11月21日のイベントでサイバートラックを発表しました。

しかし、すべてが無事に終わったわけではなく、テスラのトラックに使用されている「装甲」ガラスの強度を示すことを目的としたデモンストレーションでは、トラックに2つの大きな亀裂が入ってしまいました。 

サイバートラックも例にもれず発売が何度も延期され、テスラは現在2023年に公道に登場すると発表しています。市場投入では、フォード、ゼネラルモーターズ、リビアン・オートモーティブの電動ピックアップに先を越されています。

2020年

世界的なパンデミックが米国を襲った3月、テスラはモデルYの顧客への納入を開始しました。

6月には、テスラ モデルS ロングレンジ プラスがEPA認定の航続距離402マイルを達成し、これを達成した初のEVとなりました。同社は、重量を削減し、回生ブレーキを最大限に活用することでこれを達成しました。

テスラは2020年に49万9,550台の車両を納入しましたが、目標の50万台にわずかに届きませんでした。 しかし、安定した利益を上げ始めました。

2021年

テスラの20年: 市場で最も破壊的な自動車メーカーの歴史

テスラは2020年9月のイベントでモデルS プレイドを発表し、2021年6月までに顧客への出荷を開始しました。 

この車には3つのモーターが搭載されており、現在テスラの最速の車&これまでで最も強力な車両です。1.99 秒で時速60マイルまで加速でき、これはフェラーリなどの一部のスーパーカーよりも速い数値です。

テスラの株価は、同社が収益性を証明し売上を伸ばしたことから、2020年から2021年の大半にかけて急騰しました。 

2021年10月、株価が1000ドルに達すると、テスラの時価総額は1兆ドルを超え、Apple、Amazon、Microsoft などの有力企業に加わりました。 

10月にテスラは本社移転を発表し、2021年12月にシリコンバレーからテキサス州オースティンに正式に移転しました。マスク氏もスペースXの発射場があるテキサス州に移住しました。

2022年

数カ月にわたる許可問題と環境活動家による妨害を経て、テスラは3月にベルリン近郊の新工場で生産を開始しました。テスラはそこでヨーロッパ市場向けにモデルY SUVを製造しています。 

テスラは4月、テキサス州オースティンにもギガファクトリーを開設しました。

広範な景気低迷のさなかの6月、マスク氏はテスラの人員削減計画を概説し、スタッフの10%を削減しました。 

12月、テスラは電動セミトラックの納入を開始しました。

2023年

テスラ乗り必見!テスラの充電制限機能の重要性とは

テスラの投資家17人は4月の公開書簡で取締役会に対し、イーロン・マスク氏の注意が同氏の他のさまざまな会社に分散しすぎているのではないかと指摘し、その注意を抑制するよう求めました。

JATO Dynamicsの推計によると、5月、2023年第1四半期にテスラのモデルYの販売台数が他のすべての自動車を上回り、テスラにとってもEVにとっても初めての出来事となりました。

イーロン・マスク氏の電気自動車ブランドは、引き続き電気自動車の分野を支配することに焦点を当てています。日経アジアによると、テスラはトヨタと提携し、次世代向けに手頃な価格の電気自動車を生産しているとのこと。さらに同社は、より手頃な価格の独自 モデルを示唆しています。引き続きテスラは自動車業界の注目の的になりそうです。

イーロン・マスク 未来を創る男
講談社
¥1,669(2024/06/24 19:40時点)

画像出典:テスラ

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました