【生物兵器防御モード?】2023年版 テスラの面白い機能4選

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ドッグモード

テスラの面白い機能の1つは、ドッグモードです。この機能はテスラの多くの機能と同様に、実際にテスラのオーナーがTwitterで行った提案から生まれました。テスラの CEO であるイーロン マスクはツイートに返信し、この機能の開発にに取り組みました。ドッグ モードは、所有者が車の外にいるときに、テスラの車内をペットにとって最適な温度に保ちます。ディスプレイには、通行人などにテスラの所有者がまもなく戻ってくることを知らせる案内を表示させます。

スポンサーリンク

アーケード モード

テスラのアーケードモードでは2048、アステロイド、センチピード、さらにはソニック・ザ・ヘッジホッグなどのゲームを、コントローラー、タッチスクリーン、またはステアリング ホイールを使用してプレイできます。

生物兵器防御モード

【生物兵器防御モード?】2023年版 テスラの面白い機能4選

生物兵器防御モードは、世界的な大気汚染への対策として、病院やクリーンルームなど使われている「空気濾過システム」にインスパイアされて開発したものです。花粉やバクテリア、汚染物が車内に入り込む前に微粒子を完全に消去することが可能です。テスラによると一般的に使用されている自動車用フィルターの数百倍も効果があるとの事です。生物兵器防御モードは、花粉症持ちの方にもおすすめできる機能です。テスラは娯楽やゲームだけに関心があるわけではありません。

スポンサーリンク

オートパイロット

自動運転

テスラは、自律走行車技術に関しては業界のリーダーです。同社は道のりは長いですが、時間と共に技術も進歩しています。完全な自動運転モードは、テスラの最も面白い機能です。

オートパイロットは一部の地域では既に完全自動運転としてオプション装備が可能です。しかし日本ではあくまでレベル2自動運転機能であり、完全自動運転ではありません。あくまで運転支援機能であり、ドライバーが必ず監視している必要があります。

しかし、この技術が日本でも導入されるようになると、運転中の時間をより有意義に過ごすことができます。自動車を運転しているドライバーにとって、運転中に仕事を終わらせたり、ゲームをしたり、読書をしたりすることは決して不可能でした。テスラはそれを変え、ドライバーの可能性の世界を切り開くことを目指しています。

完全自動運転機能は、車両のカメラを使用して周囲を認識し、それに応じて車両の運転とブレーキを支援します。自動運転機能は万人向けではないかもしれませんが、完成すれば素晴らしいものになるでしょう。

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識
日刊工業新聞社
¥2,420(2024/04/12 08:38時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました