ポルシェの創設者、フェルディナンド・ポルシェについての5つの事実

ポルシェの創設者、フェルディナンド・ポルシェについての5つの事実 コラム
この記事は約5分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

オーストリア出身の自動車技術者フェルディナント・ポルシェは、伝説的な高性能自動車会社ポルシェの創業者として自動車界に知られています。フェルディナントの父親はでブリキ細工職人であり、父の後を継ぐはずだった兄の不幸な死後、フェルディナントに家業を継がせる為に彼を弟子として育てました。

しかし彼は、父の意向に反して14歳の頃から他のことに興味を持ち始め、その豊かな技術力と才能によって、数々の画期的なデザインと革新的なキャリアを歩んできました。ここでは、彼が自動車業界に与えた影響の大きさを理解するために、独創的なデザインエンジニアであるフェルディナンド・ポルシェの5つの事実を紹介します。

ポルシェは幼いころから電気に興味があった

ポルシェの創設者、フェルディナンド・ポルシェについての5つの事実

フェルディナント・ポルシェは、仕事を継がせるつもりだった父により、ブリキ細工に関係ないことは全て禁じられていましたが、実家に秘密の工房を設け、自由に電気の実験ができるようにしました。

ある日、父に秘密の工房がばれて罰されてしまいます。しかしその後、電源設備を自作して街で初めて自宅に電灯を灯した姿を見た父は、彼を認めるようになります。

18歳の時にフェルディナントは、ウィーン工科大学で聴講生として学びながら、ウィーンの電気会社ベーラ・エッガーで働きました。

この電気に関する輝かしい才能と経歴が、フェルディナント・ポルシェがそのキャリアを通じて生み出したイノベーションの大半の礎となったのです。

スポンサーリンク

ポルシェ初の車両デザインは電気自動車

最初にハイブリッドカーを作ったのは誰?

1821年創業の馬車製造商社、ヤーコプ・ローナーは、1896年に電気自動車の製造に乗り出しました。

フェルディナント・ポルシェは、ウィーンで設立されたばかりの同社の電気自動車のモーターの修理を引き受けたことをきっかけに、ヤーコプ・ローナーで働くことになります。

自動車部門に入社後、最初の車両である「P1」を設計・製造しました。オーストリアで最初に登録された自動車のひとつとして知られるP1は、1898年にウィーンの街を初めて走りました。

フェルディナンドが開発した非常にコンパクトな電気駆動装置は、重量115 kg、出力2.5 PS、短時間の過負荷モードでは最大7PSを発揮します。また、P1は12速コントローラーを搭載し、最高速度37 km/hを達成しました。

ポルシェは最初のハイブリッドカーに一役買っていた

ポルシェの創設者、フェルディナンド・ポルシェについての5つの事実

フェルディナント・ポルシェは、ヤーコプ・ローナー社に入社した最初の年に電気式ホイールハブモーターを発明し、後に1900年のパリ万博で発表されたローナー・ポルシェの電気自動車に搭載されました。

電気モーターの速度が遅いため、ダイレクトドライブでホイールに取り付けることができ、チェーンがないため機械的なパワーロスやノイズがないのが特徴です。1903年、ポルシェの電気モーターハブは、初のハイブリッドカーであるローナー・ポルシェ・ミクステに採用され、バッテリーの充電にはダイムラーの内燃エンジンが採用されました。

フランス語で「混合」を意味するミクステは、ガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせ、燃費と性能の向上を実現しました。このハイブリッドカーは、前輪のハブに電気モーターを搭載し、全輪駆動と回生ブレーキを可能にした革新的な設計が特徴です。また、ミクステは洗練されたスポーティな外観が特徴で、ヨーロッパの富裕層を中心に人気を集めました。

スポンサーリンク

フェルディナント・ポルシェが軍用設計を担当

ポルシェの創設者、フェルディナンド・ポルシェについての5つの事実

フェルディナント・ポルシェがVWクーベルワーゲンや、水陸両用車のVWシュビムワーゲンなどの軍用車を設計したことは、一般には知られていません。また、ポルシェは電動パワートレインの経験を生かし、ティーガー計画の重戦車の設計にも貢献しています。

1944年、フェルディナント・ポルシェは、ポルシェ・タイプ205パンツァーカンプファーゲンVIII「マウス」超重戦車を設計しました。

ガールズ&パンツァー 6 (最終巻) (初回限定版)[Blu-ray]
バンダイビジュアル
¥600(2024/04/12 01:58時点)

ポルシェはトーションバーサスペンションの特許を取得した

ポルシェの創設者、フェルディナンド・ポルシェについての5つの事実

1931年にポルシェ社を設立してから8ヶ月後、フェルディナント・ポルシェは自動車製造に革命をもたらす発明、トーションバー・サスペンションの特許を申請しました。当時、最も一般的な自動車のシャーシデザインは、馬車製造時代に発明されたリーフスプリングに依存していました。

ポルシェのトーションバー・サスペンションは、重量とスペースの節約はもちろん、凹凸のある道路でのホイールのトラクションを確保し、コーナーでの横転のリスクを低減します。トーションバーを採用したポルシェのスポーツカーは356が初めてでしたが、このサスペンションの改良版は、タイプ550レーシングカー、718のバリエーション、そして象徴的な911といったモデルで採用されています。

画像出典:ポルシェ

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました