ブレーキパッドの寿命を延ばすための5つのヒント

ブレーキの交換時期って?放置するとどうなるの? 知識
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ブレーキは、どの車両においても重要な安全機能です。しかし、ブレーキは使用状況に応じて摩耗していき、定期的な交換が必要な部品の1つです。 とはいえ、少し走り方を変えるだけでブレーキパッドを長持ちさせることができます。この記事ではブレーキパッドの寿命を延ばすための5つのヒントをご紹介。車のブレーキ パッドの寿命を延ばすことができ、車の燃費にもプラスの影響を与えることができます。

スピードを出しすぎない

車のブレーキパッドの寿命を延ばす最善の方法の1つは、スピードの出しすぎを避けることです。高速から減速すると、ブレーキパッドがより摩擦し、消耗が激しくなります。そのため、低速の安定した速度を維持することで、ブレーキパッドの寿命が長くなります。

スポンサーリンク

過負荷を避ける

車に過負荷をかけると、車の燃費に影響を与えるだけでなく、ブレーキの効率にも影響を与え、ブレーキパッドの摩耗が増加します。その結果、車を軽量に保つことは、燃費とブレーキ性能を向上させるだけでなく、ブレーキパッドの寿命を延ばすことにもつながります。

ブレーキング中に加速しない

ブレーキの交換時期って?放置するとどうなるの?

筆者は以前ペーパードライバーの友人に運転を再レクチャーに付き合った事がありますが、その際友人は信じられないことに、左足でブレーキを踏みながら、同時に右足でアクセルを踏んでいました。このようにブレーキをかけながら加速すると、ブレーキに余分なストレスがかかり、ブレーキパッドがさらに摩耗します。

スポンサーリンク

エンジンブレーキを使う

あなたの車は大丈夫?エンジンが壊れる兆候とは

エンジンブレーキは、ブレーキパッドの寿命を延ばす効果的な方法です。ただし、車の速度を下げるために低いギアにシフトダウンする必要があります。よく土日の観光帰りのドライバーが、下り坂でチカチカとモールス信号のようにブレーキを踏んでいるのを目にしますが、これは悪い例です。このような下り坂ではギアを最適な位置まで落として、エンジンブレーキを活用しながら下るとブレーキパッドの寿命を大幅に改善できます。

優しくブレーキをかける

ブレーキの交換時期って?放置するとどうなるの?

一部のドライバーは、緩やかに減速するのではなく、最後の瞬間にドカン!とブレーキをかける傾向があります。このような運転習慣は、ブレーキパッドなどに摩耗を引き起こします。したがって、急ブレーキをかける代わりに、より穏やかなアプローチをとることで、ブレーキパッドの寿命を延ばすことができます。

スポンサーリンク

最後に

上記の5つのヒントを参考に運転スタイルを変えると、ブレーキパッドの寿命が長くなるだけでなく、燃費も向上します。それに加えてあなたを「運転が上手な人」にさせてくれるはずです。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
知識
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました