車に関する8つの奇妙で興味深い事実

ホイールアライメントって必要? コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

自動車に関する興味深い事実は数多く存在します。例えば、世界初の自動車は世界初の自動車事故を起こした車でもあります。自動車の世界は魅力的な事実と奇妙な物語でいっぱいです。さあ、シートベルトを締めて、奇妙で素晴らしい自動車の世界を探検してみましょう。

ワイパーは1905年にとある女性によって発明された

ワイパーの交換時期

自動車が作られたとき、雨の中での運転の危険性など誰も考えませんでした。対処方法としては、車を止めて手で雨を拭き取るか、視界が悪い中危険を冒して走るかのどちらかでした。

雨の度に毎回車を止めなければならないことにうんざりしていたある日、メアリー・アンダーソンという女性はワイパーという素晴らしいアイデアを思いつきました。

スポンサーリンク

最初の電気自動車は1832年に作られた

電気自動車

スコットランドの発明家、ロバート アンダーソンは1832年に非充電式一次電池を動力源とする車両を開発しました。

では、なぜ当時電気自動車は普及しなかったのでしょうか?

1900 年代には、電気自動車よりも安く、より遠くまで移動でき、全体的に優れているため、ガソリン車は電気自動車よりも優れていると考えられていました。

しかし、複数の情報源を分析した結果、本当の理由は大きく異なっていたようです。研究によると、実際には田舎では電気が利用できなかったため、電気自動車をサポートするインフラが不足していたのが原因だといいます。

 史上最も売れた車はトヨタ・カローラ

海外で人気の1980年の日本車たち
Tokumeigakarinoaoshima – 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=95893220による

トヨタ カローラは1966年以来4,300 万台以上販売されており、史上最も売れた車であることは驚くべきことではありません。毎年、日常のユーザー向けにさらに改良と開発が続けられているため、世界中で非常に人気があります。

スポンサーリンク

車の寿命の95%は駐車中に費やされる

ここは駐車禁止です

車の寿命のうち公道で費やされるのはわずか5%です。なぜなら、ほとんどの時間は一晩中車を停めたり、日中は駐車場で過ごしたり、週末にどこにも行かずにただ休んだり、のんびりとした日曜日を過ごしたりするだけかもしれないからです。

世界初のスピード違反切符は1902年に時速13kmでの運転に対して切られた

ウォルター・アーノルドという男性は1902年で、制限速度2km/hの4倍ものスキャンダラスな速度で運転していました。時速13キロで運転するアーノルドさんの車に追い付こうとして自転車に乗った警察官に追いかけられ、史上初のスピード違反切符を切られました。

彼は約4万5000円の罰金を科せられたそうです。

スポンサーリンク

車で月に行くには約6か月かかる

宇宙への旅立ちから5年、テスラ・ロードスターの現在地が明らかに

地球から月までの距離は約38万キロ。これを時速100kmで走行すると仮定すると約160日、つまり5か月とちょっとかかる計算になります。

スイスでは午後10時以降に車のドアを閉めることは違法

奇妙な法律のように聞こえますが、午後10時までにほとんどの人が眠っているか休んでいるため、理にかなっています。

スポンサーリンク

世界で最も人気のある車の色は白

【550馬力】後輪駆動・ドリフト仕様のEK9タイプRがカッコよすぎる!

10年連続で、白は最も人気のある車の選択肢として再び選ばれました。オーストラリアの研究によると、白色の車両は事故に遭う可能性が10%低いそうです。

参考までに言っておきますが、最も人気のない車の色は紫です。


自動車には、楽しくて興味深い事実が詰まった豊かで魅力的な歴史があり、世界中の人々を魅了し続けています。1885年にカール ベンツが開発した最初の自動車から今日のハイテク電気自動車や自動運転車に至るまで、自動車はデザイン、性能、テクノロジーの点で大きな進歩を遂げてきました。

また、乗り物は数え切れないほどの芸術作品、文学、音楽にインスピレーションを与え、私たちの文化や生活様式の形成に重要な役割を果たしてきました。旅行からレースに至るまで、自動車は現代社会に不可欠な要素となっており、間違いなく今後何世代にもわたって私たちの想像力を魅了し、情熱を刺激し続けるでしょう。

車は単なる移動手段ではありません。それらは革新、創造性、興奮の源であり、世界中の人々を結び付ける力を持っています。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました