【これぞ革命】ロシアさん、前衛的なEVを開発してしまう

【これぞ革命】ロシアさん、前衛的なEVを開発してしまう ニュース
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ロシアの新しいEVプロトタイプ「Amber」に関する情報が、X(旧Twitter)やその他のオンラインプラットフォームで注目を集めています。この電気自動車は、モスクワ工科大学の製品であり、ロシア市場向けのEV開発の一環として製造されていると言われています。その外観は多くの議論を呼んでおり、そのユニークなデザインは賛否両論を生んでいます。

アバンギャルドなデザイン

この車両は、非常に高く設計されており、床が車輪の上に位置しています。また、ドアと地面の間には大きな段差があり、右フロントフェンダーには大きな穴が開いています。これは装甲トラックで見られるような、強盗時にドライバーが発砲するための穴のように見えます。車の更に奥にも穴があり、これは恐らく充電ポートでしょう。

スポンサーリンク

極力ロシア製

【これぞ革命】ロシアさん、前衛的なEVを開発してしまう

フロントガラス、Aピラー、Bピラー、サイドミラーは、他の車から抜粋されたように見えますが、後部はパネルバンのようなデザインで、丸型の2灯ヘッドライトが特徴的です。World News Todayによると、Amberは外部からの部品を極力減らしたロシア製の自社車両であり、わずかに外部に委託したものは主に中国からのものである可能性が高いとしています。ロシアに課せられた制裁を考慮すると、これは野心的な目標であると同時に必然の選択と言えるでしょう。

電気モーター、バッテリー、その他の部品はおそらくロシア国内で調達されています。ロシアの自動車メーカー「アフトトル」は、Amberが2025年に生産開始されると主張しています。

性能についてはあまり期待されていない

この車についてはまだ多くが知られていませんが、デザインが非常にユニークであることは確かです。バッテリーパックの種類や、搭載される電気モーターの詳細、駆動軸の数や発生する電力については明らかにされていません。デザインの奇抜さから、性能についてはあまり期待されていないかもしれません。

スポンサーリンク

ウクライナのメディアは爆笑

【これぞ革命】ロシアさん、前衛的なEVを開発してしまう

フィアット ムルティプラのような、外観的には美しくは無いものの個性的で楽しい車が市場に存在しますが、Amberに関しては多くの人が戸惑いを感じているようです。ウクライナのメディアはこの車に対してかなりの笑いを起こしており、日本での販売は予定されていないため、そのユニークなデザインを間近で見る機会は少ないかもしれません。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
ニュース
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました