ADHDの自閉症男性が2024年のポルシェ・スプリント・シリーズに挑む

ADHDの自閉症男性が2024年のポルシェ・スプリント・シリーズに挑む ニュース
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

17歳で自閉症の診断を受けたベン・テイラーが、2024年のオーストラリア・ポルシェ・スプリント・チャレンジに挑戦し、その限界を超えることを決意しています。彼はオーティコンというITコンサルティング会社の支援を受け、ポルシェ911 GT3カップカーを運転し、モータースポーツ界に革命をもたらす可能性があります。

自閉症研究に活用される見込み

ADHDの自閉症男性が2024年のポルシェ・スプリント・シリーズに挑む

ベン・テイラーは、17歳の時に注意欠陥多動性障害(ADHD)と自閉症と診断されました。しかし、これらの診断が彼の情熱であるモータースポーツに立ちはだかる壁とはなりませんでした。テイラーは以前、カートとフォーミュラ3での経験があり、高性能車両の扱いに熟知しています。彼のレースの経験と自閉症に関する独自の洞察から、彼のパフォーマンスは将来の自閉症研究に活用される見込みです。

465人以上の自閉症者を抱えるITコンサルティング会社オーティコンは、ベン・テイラーの運転スキルを活用し、自閉症に関する新たな洞察を得るために自閉症データアナリストとソフトウェアエンジニアを配置する予定です。

テイラーは自閉症を処理エラーではなく、オペレーティングシステムの違いによるものと考えており、その異なる視点がモータースポーツ分野でも価値を持つことを示しています。自閉症スペクトラムの人々は通常、非常に高い集中力を持っており、これはIT分野でのエラー検出、データ分析、コーディングなどの作業に役立ちます。

スポンサーリンク

自閉症の強みを実践で示す素晴らしい機会

ADHDの自閉症男性が2024年のポルシェ・スプリント・シリーズに挑む

テイラー氏は次年度に成功を収めれば、オーストラリアの最高のワンメイクシリーズであるポルシェ・カレラカップ・オーストラリアに昇格することが期待されています。このシリーズはオーストラリアのスーパーカーチャンピオンシップのサポートアクトであり、オーストラリアグランプリの前座イベントとして開催されます。

オーティコンのマネージングディレクター兼最高経営責任者(CEO)のボドー・マン氏は、モータースポーツのデータ分析に新しい視点を取り入れる考えを示しました。彼は「チームはすでに、レースに関する洞察を強化し、ベンのトラック上でのパフォーマンスに価値を加える機会を特定しています。このパートナーシップは、自閉症の強みを実践で示す素晴らしい機会であり、神経多様性の力と、異なる視点がどのように効果をもたらすかを実証したいと考えています。」と述べています。

モータースポーツ界における多様性

ADHDの自閉症男性が2024年のポルシェ・スプリント・シリーズに挑む

モータースポーツ界は、最近では視覚障害者にもアクセスしやすくする取り組みを進めており、その成功例も増えています。例えば、視覚障害のある男性がダッジ・チャレンジャー SRT スーパーストックでクォーターマイルを11.5秒で走り、その偉業を達成しました。

ベン・テイラーのGT3カップカーでのシーズン全体は、彼の後に続く自閉症や神経多様性のあるレーシングドライバーにとって貴重なデータの宝庫となるでしょう。彼の成功は、モータースポーツ界における多様性と、異なる視点がどれだけ貴重であるかを証明するものとなり、将来のレーシング界に革新をもたらすかもしれません。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
ニュース
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました