解決できたら億万長者?まだ解決されていない電気自動車の問題②

お金 怒り コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

最新の技術がたくさん使われているがゆえに問題はつきません。今回は技術的な面のい問題が多いです。

高価

車 価値

EVの登場から数年経った今でも価格はあまり下がっていません。EVの購入価格は平均してガソリン車よりも高価です。予算が限られている購入者にとっては大きな問題となっています。

コロナや半導体不足により、過去数年間で平均新車価格が高騰しました。よって一部の購入者の候補から外れました。また、買いたくても買えないという状況にまで陥りました。

車の生産台数に制限がある中で、自動車業界が利益率の高いモデルを優先し、安価な車のために長い待ち時間を設けることが多かったのは事実です。これはガソリン車にもいえたことですが、納車時間までが長い。というのは購入者にとってストレスでしかありません。新たな素材や発明で改善できるかもしれません。

スポンサーリンク

バッテリーの劣化

リチウムイオン電池

車を購入する際に考慮すべきもう 1 つの重要な要素は、車がどのくらい長持ちするかです。 現代の自動車は、主に材料と製造プロセスの時間の経過による改良により、これまでよりも平均寿命が長くなりました。 ただし、EV車では長年の走行でバッテリーがどの程度劣化するか。が問題になります。 世界的には劣化を調査するための現在のデータのほとんどはテスラからのものであるのが現状です。

そして他のメーカーからのデータは非常に限られています。 とある自動車会社の調査では、特定のモデルは10年以内に問題となるレベルの劣化に達する可能性があり、バッテリーは容量の30%を失うとより急速に劣化する可能性があると主張しています。 これにより、古いEVは事実上販売できなくなる可能性があります。

気候対応

冬 タイヤ

四季折々が存在する日本では暑い時期と寒い時期が存在します。問題点としてバッテリーは寒冷な気候にあまりうまく対応できません。 この温度は航続距離に大きな影響を与える可能性があります。とある企業の実験によると、平均航続距離は 25°Cと比較して ー6.7°C では 41% 減少します。 それに比べて、ガソリン車は平均して航続距離の 15% しか失われません。 航続距離の 41% の低下は、冬にそのような気温が予想される場所では、使い物になりません。

また、温度は充電時間にも影響することがわかっています。こちらもある企業の実験で温度が低くなればなるほど充電時間が伸びることがわかりました。

現時点ではこれらの問題に対する明確な解決策は見つかっていません。この問題を解決出来れば、寒い地域での購入を促すことができます。

ジェイソン流お金の増やし方
ぴあ
¥1,430(2024/04/15 06:42時点)
タイトルとURLをコピーしました