解決できたら億万長者?まだ解決されていない電気自動車の問題①

自動車ディーラーはリコールでも儲けている!? コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

電気自動車を購入するのに今ほど良い時期はありません。 ほとんどの主要メーカーは、ラインナップにEVが入ってます。 そして今後さらに多くの EV が登場する予定です。 市場で最長の航続距離を誇る EV は、充電を必要とせずにほとんどのガソリン車と同じくらいの距離を走行できるようになりました。 EV が内燃エンジン車よりも優れている点は数多くあります。市場での電気自動車は、ピックアップ トラックから高級セダンまで、あらゆる主要車種が登場しています。

しかし、EV技術が急速に進歩しているからといって、欠陥がないわけではありません。 各国における電気自動車の普及率は比較的低いままです。ですが、それには様々な理由があります。今回はEVに残されている課題をいくつかご紹介していきます。

充電インフラの不足

電気自動車

EV業界が直面している障害の一つは、ドライバーが利用できる充電インフラが不足していることでしょう。 既存のガソリンスタンドのネットワークを発展させるのに数年年以上の時間を費やしてきました。しかしEVが広く普及するには、同様に包括的なEV充電ネットワークを今後10年以内に開発する必要があると言われています。

しかし、現在の充電器ネットワークでは、大都市以外の人にとって完全電気自動車を所有することはあまり現実的とはいえません。 市街地内であっても、車を充電するために遠くまで出向くのではあまり意味がありません。充電ステーションを都心ではよく見かけるようになりました。ですが地方ではまだまだ開発が必要です。

スポンサーリンク

走行距離

電気自動車のクラシックカーは誕生するのか?

不十分な充電インフラに密接に関係する問題は、航続距離の問題です。 点在している充電ネットワーク。EV の航続可能距離インジケーターの不正確性。などにより長距離走行はストレスが多くなる可能性があります。 当然ですが、ほとんどの人は日常生活に余分なストレスを加えたくないと考えています。その結果、電気自動車の購入を敬遠しているようです。

インフラが改善され航続可能距離が伸びるにつれて、航続可能距離への不安は問題ではなくなる可能性が高いです。その解決に対する取り組みはすでに始まっています。ですがそれにはまだまだ時間とお金がたくさんかかることでしょう。

充電速度

電気自動車

たとえEV充電器がガソリンスタンドと同じくらい普及したとしましょう。しかし車を完全に充電するのにかかる時間の問題は依然としてあります。 家庭用と公共の両方で充電できる充電器があえいますが、それでもガソリン スタンドでの充電よりはかなり遅いです。 さらにすべての EV が同じレベルの急速充電をサポートしているわけではありません。よって車のモデルによっては、近くに高速充電器があっても利用できない場合があります。

公共の充電ステーションでの充電も、給油のように簡単ではありません。各充電ネットワークでは、料金を支払うために独自のアプリが必要な場合があります。市内で複数の異なるブランドがある場合は、充電を行うために複数のアプリが必要になる場合があります。 そして単に給油するよりも充電は時間がかかります。

図解まるわかり 電気自動車のしくみ
翔泳社
¥1,848(2024/06/25 07:09時点)
タイトルとURLをコピーしました