【シャネルの香水が燃料に!?】クライスラー・ターバインとは?

ターバイン コラム
Kbh3rd, CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

クライスラー・ターバイン(タービン)について聞いたことは無いでしょうか?60年代には大きなニュースとなりましたが、完全な生産車にはなりませんでした。クライスラー・ターバインの歴史は、時代を先取りした革新的な車両の歴史であり、 クライスラーは当時、開発に夢中になっていました。

クライスラー・ターバインとは

Greg Gjerdingen from Willmar, USA, CC BY 2.0, via Wikimedia Commons

クライスラー・ターバインは、ガスタービンエンジンを搭載した試験的な 2 ドアハードトップクーペで、1963年から1964年にかけてクライスラーによって製造されました。ボディワークは、イタリアのデザイン スタジオ「カロッツェリア ギア」によって構築され、デトロイトで最終組み立てが行われました。

5台のプロトタイプと、パブリック ユーザープログラム用の50台の合計55台の車が製造されました。すべてに「タービン ブロンズ」と名付けられた特徴的なメタリック ペイントが施されており、パワーブレーキやパワーステアリング、パワーウィンドウを備えていました。

スポンサーリンク

エンジンと燃料

Kbh3rd, CC BY-SA 3.0 , via Wikimedia Commons

クライスラー ターバインは、クライスラーの第4世代ガスタービンエンジンであるA-831を搭載。点火プラグが1つしかなく、不凍液、冷却システム、ラジエーター、コネクティングロッド、またはクランクシャフトを必要としません。そのため一般的な自動車のピストンエンジンよりも部品が約80%少なく、その重量はわずか186kgと軽量です。

このタービンエンジンは最高で60,000rpmまで回り、最高出力は130馬力、最大トルクは576N·mを発生させました。、また、0-60マイル加速は12秒でした。

このエンジンは事実上、どんなものでも燃料に使用することができ、無鉛ガソリンや軽油、ジェット燃料は勿論、サラダ油やシャネル No.5でさえ燃料にすることができました。メキシコの大統領に至っては、テキーラで走らせて、ちゃんと動いたといいます。

ユーザープログラム

1964年のニューヨーク万国博覧会でのクライスラー・タービン・カー
Rochkind, CC BY 3.0 , via Wikimedia Commons

ターバインを製造する「クライスラー・タービンエンジン・プログラム」は1930年代後半に始まり、1950年代と1960年代初頭に長距離走行を完了したプロトタイプを作成しました。ギアが設計したタービン車に動力を供給したA-831エンジンは、従来のピストンエンジンよりも多くの種類の燃料で動作し、メンテナンスの必要性が少なく、寿命が長かったのですが、製造コストははるかに高かったのです。

テストの後、クライスラーは1963年10月から 1966年1月まで、米国の133都市で203人のドライバーを対象にユーザープログラムを実施しました。燃料費を除いて無償で車を貸し出し、累計で100万マイル (160万km) 以上を走破しました。

クライスラーは参加者が車を返却してから2週間以内に詳細なインタビューを行いました。後述するデメリットやタービンエンジンの優れた耐久性、スムーズな操作、比較的控えめなメンテナンス要件などの利点も明らかになりました。

スポンサーリンク

タービンエンジンのデメリット

ウォルター P. クライスラー博物館の A-831 タービン エンジンの分解図
DRIVERofPONTIACS, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

ユーザー プログラムで明らかになったタービンエンジンのデメリットは、

・高地でのスターター兼ジェネレーターの誤動作
・複雑な8段階の始動手順の習得の難しさ
・加速の遅さ
・標準以下の燃費
・掃除機のようなサウンド

などが挙げられました。エンジンサウンドに関しては、意外にもユーザープログラムに関与した人々の約60%に好意的に受け止められ、この音を好まなかったのは約20人だけでした。

クライスラー・ターバインは今?

ilikewaffles11, CC BY 2.0 via Wikimedia Commons

ユーザープログラムが1966年に終了した後、クライスラーは車を回収し、9台を除くすべてを破壊しました。クライスラーは2台の車を保管しており、6台はアメリカの博物館に展示され、1台はアメリカの有名な司会者であり、カーマニアのジェイ・レノのコレクションになっています。

クライスラーのタービン・エンジン・プログラムは 1979年に終了しましたが、これは主にエンジンが政府の排出規制に適合していなかったこと、燃費が比較的悪かったこと、および 1979年にクライスラー社は財政難に陥り、破産を避けるために政府からの融資を受ける条件があったためです。

アマゾンのレビュー数が最も多いシャネル No.5はこちら

※間違ってもガソリンタンクに入れないように!

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました