【都市伝説】不気味すぎて運転できない呪われた車5選

コラム
この記事は約5分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

もうすぐハロウィン。その歴史は紀元前のケルト民族にまでさかのぼると言う。古代ケルトでは10月31日が年末で、お祭りが開かれていた。またこの日には、死後の世界との扉が開き、死者の魂が、幽霊や悪魔などに姿を変えて悪事を働くと信じられてきた。この記事ではそんなハロウィンに因んで、関わると不幸が訪れるという「呪われた車」たちをご紹介。Trick or Treat?

ボニーとクライドの 1934 フォード モデル 40B フォードア セダン

ボニーとクライドの 1934 フォード モデル 40B フォードア セダン

ボニーとクライドは、大恐慌時代に銀行やその他の会場を強盗し、殺人や誘拐を犯した悪名高い犯罪者のカップル。 警察が 1934 年にルイジアナ州でフォード フォード セダンを待ち伏せしたとき、彼らの無法行為は劇的に終わりを告げた。

悪名高い1934年のフォードV8は、銃弾を浴びて今ではネバダ州のウィスキー ピートズ カジノに置かれている。銃弾の穴がたくさんある車の不気味な外観に加えて、多くの訪問者は、車の近くにいるとまるで誰かいるかのような不安感を経験したという。また、一部の写真では、車両の近くに幽霊のような物体が写っている。

スポンサーリンク

14人が犠牲になった 1964年ゴールデンイーグル

この車は、アメリカ・メイン州の町で警察車として購入されたもの。まもなくして最悪なことが起きた。この車を運転した3人の警察官が殺されたのだ。しかも犯人は一人残らず自殺したという。

現在の所有者であるウェンディー・アレンによれば、この車を破壊しようとした人たちにも災厄が降りかかっているという。

悪魔の憑いたこの車を破壊しようとした教会のグループは、凄惨な車の事故や落雷などで全員が死亡した。この車に関わって死亡した人の合計は14人で、他の報告によると32人との事。

フランツ フェルディナンド大公のグラーフ & シュティフト リムジン

フランツ フェルディナンド大公のグラーフ & シュティフト リムジン

1914年のガブリロ・プリンツィプによるフランツ・フェルディナント大公の暗殺は、第一次世界大戦の引き金になった事で知られている。暗殺後も、グラーフ&シュティフトのリムジンの不運は続いた。

大公が暗殺された後、12年間で車の持ち主が15人変わったのだが、結婚式に向かう途中で車のコントロールを失い、5人の乗客とともに死亡するなど、車の持ち主となった人たちは次々と不運に見舞われ、合計で13人が亡くなったという。

このグラーフ & シュティフトのリムジンは現在、ウィーンの戦争歴史博物館に展示されている。多くの致命的なクラッシュにもかかわらず、それは驚くほど無傷に見える。 

スポンサーリンク

ジェームス・ディーンの「リトル・バスタード」ポルシェ 550 スパイダー 

1955 年、俳優のジェームス ディーンはポルシェ550スパイダーを購入した。彼がリトルバスタードという愛称で呼んでいたポルシェを見た後、仲間の俳優アレック・ギネスは予言的に彼にこう言ったという。「そのポルシェに乗ったら、1週間以内に死ぬかもしれない」と。

ちょうど7日後、ディーンと彼のメカニックであるロルフ ヴューテリッヒはリトルバスタードに乗り、カリフォルニアでのレースに向かう途中でフォード・チューダーの後部に激突した後に死亡した。 

「リトルバスタード」の死者数はそれだけではなかった。ある男性はこのポルシェ 550 スパイダーからエンジンを購入し、またある男性はドライブトレインを購入した。前者はレースで負傷し、後者は死亡した。

さらに、残されたボディは、トラックの荷台で輸送されたときや学校で展示されているときなど、複数の人が負傷したり死亡したりした。

さらに、無謀な運転の危険性を強調するためにカリフォルニアで展示されたとき、「リトル・バスタード」を補完するガレージが全焼。しかし、このポルシェは炎上を免れ、損傷はなかったという。

そして、この車がトラックで輸送されたとき、エンジンが搭載されていないにも関わらず、謎の失踪を遂げた。そして今でも車は見つかっていないという。 

ジョン F. ケネディのリンカーン コンチネンタル プレジデンシャル リムジン

Walt Cisco, Dallas Morning News, Public domain, via Wikimedia Commons

第35代アメリカ大統領、ジョン・F・ケネディは1963年に、ダラス市内をコンチネンタル プレジデンシャル リムジンに乗ってパレード中に致命的な銃撃を受けた。

ケネディ大統領の死後、このリムジンは異常な事に数年間使用されていたという。その後、リンカーン コンチネンタル プレジデンシャル リムジンは引退してミシガン州のヘンリー フォード博物館に運ばれたのだが、訪問者は奇妙な出来事を目にしたという。

灰色の男性が車の周りに立っているという目撃情報が相次いだ。また、ケネディ暗殺の11月 22日と一致する11月頃に、幽霊のような男の目撃情報が増加するという。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました