フードマスコットは燃費に影響するのか?

フードオーナメントは燃費に影響するのか? コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

カーアクセサリーのトレンドは移り変わりますが、その中でも特に有名なのが「フードマスコット」です。自動車メーカーが自社の車を他のブランド車と区別するための比較的ユニークな方法でしたが、現在ではほとんどなくなり、一部の高級車だけが持っていることがあります。本稿では、フードマスコットとその歴史、そして燃費への影響による廃止の有無について紹介します。

フードマスコットの簡単な歴史

フードオーナメントは燃費に影響するのか?

フードマスコットは20世紀初頭に普及した装備です。当初は、非常に実用的な理由がありました。当時の車はラジエーターキャップがボンネットの前面中央にあり、あまり魅力的なデザインとは言えませんでした。そこで自動車メーカーは、ラジエーターキャップの上にフードマスコットを付けて、その醜さを隠すことにしたのです。

その後、ラジエーターキャップはエンジンルーム内に収まるように設計されましたが、それでもボンネットオーナメントを付けるという流れは変わりませんでした。

メルセデス・ベンツのスリーポインテッドスターのような象徴的なデザインもあれば、遊び心のある楽しいデザインもありました。フードマスコットは何十年もの間、高級車や大衆車にくっついていましたが、その後、消滅しました。

スポンサーリンク

フードマスコットが流行らなくなった理由

フードオーナメントは燃費に影響するのか?

見た目重視のカーアクセサリーと同様に、フードマスコットが廃れた主な理由のひとつは、ドライバーがその見た目を好まなくなったからです。

ある人にとってはファッションアイテムでしたが、ある人にとっては逆効果でした。とはいえ、フードマスコットが廃れたのには実用的な理由もあり、そのひとつが燃費に関するものでした。

一般的に、滑らかなデザインは車の空気力学に適しており、空気抵抗を減らすことができるため、車が移動するために必要なエネルギー量を減らすことができます。しかし。フードマスコットは、滑らかなボンネットを壊し、車の燃費に影響を与えるものです。とはいえ、フードマスコットがどの程度の影響を与えるかは、車のデザインやフードマスコットのデザインによって変わってきます。

ファッションの好みと燃費以外に、フードマスコットは安全上の理由からも廃れていきました。特に、各国は歩行者の安全性を重視しており、フードマスコットは車が歩行者をはねた際に、よりダメージを与える危険性がありました。また、10代の若者や窃盗団に盗まれることもあり、多くのドライバーはフードマスコットを「面倒なもの」と捉えていました。

ロールス・ロイスは空力的な問題を回避

フードオーナメントは燃費に影響するのか?

ほとんどの自動車メーカーにとって、フードマスコットの消滅は大きな問題ではありませんでしたが、すべての自動車メーカーがそうだったわけではありません。

ロールス・ロイスは、メルセデス・ベンツのようにフードマスコットを象徴とする高級自動車メーカーです。ブランドの価格がべらぼうに高いため、高級車のオーナーは通常、自分の車の燃費を気にしませんが、フードマスコットの他の問題はそのままです。

ロールス・ロイスは、そのような問題をシンプルな方法で解決しました。スピリット・オブ・エクスタシーと名付けられたロールス・ロイスの象徴的なフードマスコットは、格納することができます。衝突を検知すると自動的に格納されるため、欧州の安全基準にも適合しています。また、オーナーがドアをロックすると、フードマスコットが格納されるため、泥棒に盗まれることもありません。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました