ダッジもロータスベースでEVのコンセプトを作っていた

2009 年のワシントン DC オートショーで撮影されたダッジ サーキット EV。 コラム
IFCAR, Public domain, via Wikimedia Commons
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

アメリカのEVメーカーであるテスラが、私たちの目の前でゆっくりと解明されつつある全電気革命への動きを加速させたことは、誰もが知っていることだろう。テスラ ロードスターはロータス エリーゼ ベースのバッテリー式電気スポーツカーで、時速0-100kmまで4秒未満で加速し、航続距離は400km、最高速度は時速200kmで、約16,000,000の費用がかかった。

「妥協のない電気自動車」

2009年北米国際自動車ショーでのダッジ EV。
en.wikipedia, CC BY 3.0, via Wikimedia Commons

多くの人には知られていないが、ダッジとクライスラー・グループは、2009年のデトロイト オート ショーでロータス ベースのEV コンセプトを披露している。それはダッジ サーキット EV (またはダッジ EV コンセプト) と呼ばれ、初代テスラ ロードスターと同じロータスのシャーシをベースにしていた。その昔、クライスラーは「妥協のない電気自動車」を生産するために、 ENVI (「環境」と「新車」の造語) 部門を設立した。

計画では、2010年に新しいEVをデビューさせ、2013年にはさらに3台のEVを導入し、2013年までに 500,000台のEVをアメリカの道路で走らせることを目指していた。一方、ダッジのエンジニアはロータスに行き、サーキット EVの構想を練り始めた。

スポンサーリンク

ダッジ サーキット EV: エレクトリック ベイビー バイパー

Lotus Europa S photographed in Tokyo Motor Show 2007
はつかり715, Public domain, via Wikimedia Commons

ダッジ サーキット EV のバイパー風のボディスタイルの下には、ロータス・エリーゼのわずかに大きくて固定ルーフのバリエーションであるロータス・ヨーロッパSのアーキテクチャがある。ダッジは、ヨーロッパSのGM ソースの 2.0リッター直列4気筒エンジンと 6速マニュアル ギアボックスを取り除き、DC永久磁石電気モーター、8.3:1遊星減速ギアセット、および10モジュール 35 kWh リチウムイオンを搭載した。

ダッジ EV コンセプトのスペック

2009 年のワシントン DC オートショーで撮影されたダッジ サーキット EV。
IFCAR, Public domain, via Wikimedia Commons

268馬力を備えたダッジ サーキット EVに搭載されている、Circuit EVのリチウムイオン電池は、240 ~320kmの航続距離を提供する。アメリカで標準の120Vコンセントを使用すると8時間で充電でき、電気オーブンやドライヤーで一般的に使用されるタイプの240Vコンセントを使用するとわずか4時間で充電できる。

ダッジEVコンセプトには、プレミアム オーディオ システム、革張りのキャビン、エアコン、パワーウィンドウ、当時としては最新のデジタル ディスプレイが装備されていた。2009 年、フィアットはクライスラーを買収し、ENVI部門はサーキット EV コンセプトと共にごみ箱に入れられた。クライスラーは現在、エアフローEVコンセプトで追い上げを図っているが、もしかしたら、ダッジサーキットEVで従来の自動車メーカーを大幅にリードしていたかもしれない。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました