【驚きの研究結果】車を運転すると頭が良くなる!?

【驚きの研究結果】車を運転すると頭が良くなる!? コラム
この記事は約5分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

運転が脳に与える影響について考えたことはありますか? 実際に行われた運転に関する調査をもとに、運転すると頭が良くなるのか、それとも人を愚かにするのか見ていきましょう。

運転は創造的思考の向上に役立つ

【驚きの研究結果】車を運転すると頭が良くなる!?

知性の1つの形態は創造的思考です。この面では、車の運転は有益です。運転が創造的知性に役立つ理由は、運転の日常性にあります。家の掃除やシャワーを浴びている時などの日常的な活動をしているときに、素晴らしいアイデアを思いついた事はないでしょうか? 同じことが運転にも当てはまります。 

運転が創造的思考に有益であることには、科学的な理由があります。タスクに全神経を集中させる必要がある場合、脳の「中央実行ネットワーク」部分がより活発になります。潜在意識から本質的でない思考を除外することで、精神的に要求の厳しい活動に集中することができます。これは「想像ネットワーク」とも呼ばれます。

ただし、クリエイティブな可能性を最大限に引き出すには、交通量がほとんどまたはまったくない静かな道など、それほど過酷ではないドライブをすることが重要です。 

スポンサーリンク

地図を使って運転したりナビする人はより賢い 

車のタッチスクリーンをきれいにする方法

クリエイティブなメリットに加えて、運転によって賢くなる方法がもう 1 つあります。カーネギーメロン大学が実施した調査によると、車を運転して地図を使ってナビゲートする人は、より知的であることが示されました。この研究では、2 つのグループの人々がビデオゲームで車を「運転」しました。1 つのグループは20の異なるルートをプレイし、もう1つのグループは1つのルートだけを繰り返しプレイしました。 

予想どおり、2番目のグループは、最初のグループよりもはるかに速く1つのルートを覚えることができました。多くのルートがカバーされているため、最初のグループは 1 つの特定のルートを学習するのに十分な時間がありませんでした。また、2 番目のグループは、ルートの 2 次元の絵を描くことに長けていました。そりゃそうですよね?しかし、この研究の驚くべき側面は、これらの運転テストが研究参加者の脳に与えた影響です。

ルートを上手に学習するドライバーは、脳の海馬部分が大きい

【驚きの研究結果】車を運転すると頭が良くなる!?

運転テストの完了後、研究参加者は拡散強調画像 (DWI) を使用して脳スキャンを受けました。DWI スキャンは、脳内の水分子の活動を測定します。 

単一のルートを繰り返し練習したグループの脳スキャンでは、左後歯状回に変化が見られました。これは、ナビゲーション能力と記憶を制御する脳の海馬領域の一部です。また、海馬を理解することは、アルツハイマー病の治療法を見つける上で非常に重要です。海馬は、この病気に苦しむ脳の最初の部分の 1 つだからです。 

海馬の変化に加えて、他にも影響がありました。カーネギーメロン大学の研究者は、「空間認識に関与する脳領域のネットワークにおいて、この領域と他の皮質領域との間の活動の同期、または機能的接続が増加する」ことを発見しました。さらに、この脳の構造変化と、研究参加者がいかに効果的にルートをナビゲートしたかの間には強い相関関係がありました。 

20年前の研究では、ロンドンのタクシー運転手の脳は、ナビゲーションに関連する脳領域である海馬が拡大していることが示されました。ロンドンの複雑な通りのシステムをナビゲートした経験が彼らの脳を変えたのか、それともより大きな海馬を持つ人々だけがタクシーの運転手になることに成功したのか?このカーネギー・メロン大学の研究では、海馬が大きくなるのは、運転とナビゲートの結果であることを示したのです。

スポンサーリンク

別の研究によると、長時間運転すると頭がおかしくなる

【驚きの研究結果】車を運転すると頭が良くなる!?

ただし、1日2時間以上運転すると頭が鈍くなるという別の研究もあります。 

何時間も交通渋滞に巻き込まれ、精神的に疲れ果てたと感じたことはありませんか?脳がうまく機能していないように感じたことはありませんか? レスター大学の研究によると、これは単なる感情ではないことがわかりました。それは研究によって裏付けられています。

サンデー・タイムズによると、この調査では、5 年間にわたって 50 万人を対象に知性と記憶力のテストを実施しました。これには、1 日2時間以上運転した 93,000人の参加者が含まれていました。調査開始前は、頻繁に運転するドライバーの IQ スコアは、あまり運転しない、またはまったく運転しない人よりも低かった。また、彼らの IQ スコアはその後の調査でさらに低下しました。

この研究によると、長時間の運転は、テレビを見過ぎているようなものです。その結果、脳の無気力感を伴う「精神的な霧」が発生します。

何事もバランス

お分かりのように、運転によって頭が良くなるのか頭が悪いのかという問題に関しては、少し複雑です。

人生の多くのことと同様に、すべてはバランスにかかっています。適度に物事を行うことは、通常は問題ありません。ただし、働きすぎ、食事、テレビの視聴、ソーシャル メディアのスクロール、運転などを過剰に行うと、体に悪影響が生じる可能性があります。

車を運転することで、創造的に賢くなることができます。また、より熟練したナビゲーションと地図の読み取りにより、脳にプラスの影響を与えることができます。 しかし、毎日非常に長時間運転すると、知能に悪影響を与える可能性があります。

宮本算数教室の教材 賢くなるパズル―入門編
学研プラス
¥223(2024/07/23 20:54時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
タイトルとURLをコピーしました