GMはカマロとエスカレードの電動化を検討している

GMはカマロとエスカレードの電動化を検討している コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

Car and Driverの報道によると、GM はシボレー カマロとキャデラック エスカレードをより多くのモデルを提供するサブブランドに変えることを検討しているとの事です。

カマロは2+2 シートの電気自動車に?

GMはカマロとエスカレードの電動化を検討している

現在、シボレー・カマロは 2ドアクーペとコンバーチブルで、4気筒、※6気筒、または 8 気筒エンジンを搭載していますが、次世代の 2 ドアは 2+2 シートの電気自動車になると予想されています。

また、Car and Driverは、GM がスポーティなスタイルの電動3ドアおよび 5ドアクロスオーバーモデルの2つをカマロブランドにラインナップすることを考えていることのこと。

これに、次世代C9コルベットをベースにしたEVスポーツカーが加わる可能性があります。これは今現在のコルベット、カマロの関係のように、出力が低く、トーンダウンされたスタイリングと低価格である事が予想されます。

スポンサーリンク

エスカレードのミニバンバージョンが登場?

2021 Cadillac Escalade
ミスターチョッパーズ, CC BY-SA 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0, via Wikimedia Commons

キャデラック・エスカレードに関しては、米国と中国向けの小型の7人乗りクロスオーバーEVモデルが登場する可能性があると言われています。現在の5.4mのエスカレードと同じサイズの車のようなモデルが追加される可能性もあります。

1998年に発売されたエスカレードは、シボレー・タホとサバーバン、GMC・ユーコンを含む GM のフルサイズSUVシリーズの最も豪華なバージョンです。最新のエスカレードは2020年に生産が開始され、ユニークなフロントエンドとリアエンド、複数の大型の曲面ディスプレイが特徴的です。

フォードの足跡をたどることに?

GMはカマロとエスカレードの電動化を検討している

GMがカマロ、エスカレードをサブブランドに変えるこの計画を承認した場合、ライバルであるフォードの足跡をたどることになります。2021年、Mustang Mach-Eは、フォードが主流のEVに初めて挑戦しただけでなく、「馬」のロゴが2つ以上のドアを持つものに適用されたのも初めてのモデルでした。

GM 自体は、2025 年までに世界中で30の電気モデルを発売したいと考えています。数年後の 2035 年には、米国企業は電気自動車のみを販売したいと考えています。実質的な社内相乗効果により、完全電動のカマロは、世界的に魅力的な堅実なビジネスケースになるはずです。

クリスマスプレゼントをお探しですか?

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました