EVのシートヒーターの電力消費量はエアコンの12分の1

シートヒーター コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

多くの人が電気自動車(EV) を自動車の未来と見なしています。しかし、EVに切り替えると排出量が削減されますが、現在、EVには自動車メーカーが解決しようとしている課題がいくつかあります。その1つは、通常の車と同様に、車のエアコンを使用すると航続距離が短くなるため、EVのパフォーマンスが低下することです。しかし、GM Voltの報道によると、シートヒーターを使用すると、エアコンを使用した時と比べ、12分の1のエネルギーでぬくもりを感じる事が出来るとのことです。

電気自動車は寒さに弱い

どの車も冬の間苦労しますが、EVには冬の間に対処しなければならないEV固有の問題がいくつかあります。その1つは航続距離です。ガソリン車は寒くなると航続距離が短くなります。寒冷地での運転は、穏やかな天候での運転よりも効率が悪いからです。

しかし、ガソリン車は航続距離が長いため、航続距離の損失はそれほど大きな問題ではありません。 一方、EVの航続距離はそれほど長くないため、EVで航続距離を失うことは大きな問題です。 

通常の自動車と同じように、EVも走行前に少し暖機する必要があります。EVはこれを自動で行いますが、通常はエネルギーがかかります。つまり、航続距離がいくらか失われます。同様に、熱を使用するとエネルギーが消費され、走行距離が短くなります。(車両、気温、などによって使用されるエネルギーの量は変わります。)

スポンサーリンク

シートヒーターはエネルギー消費を抑え、体を暖かくできる

シートヒーター

Recurrent Autoによると、ほとんどのEVのヒーターは、1kWから5kWの電力を必要とします。正確な消費電力は、ヒーターの効率だけでなく、外の寒さによって変わります。一般に、寒ければ寒いほど、快適な温度に到達するためには、より多くの電力が必要になります。

しかし、シートヒーターは1シートあたり40~50ワットしか必要としません。暖房システムが5kWの電力を使用している場合、1つの座席を暖房するのに使用する電力はヒーターの12分の1とのことです。これにより、EVの航続距離の損失を減らしつつ、寒冷地での運転中も暖かく快適に保つことができます。

冬に航続距離を最大化

電気自動車

シートヒーターはEVの効率を向上させる良い方法ですが、すべての状況に最適というわけではありません。ほとんどの車には前席シートのみにヒーターが付いているため、後列はシートヒーターを利用できません。

これは、親であるEV所有者にとって、子供が車に乗っているときはいつでも暖房をつけえる必要があることを意味します。 しかし、エアコンがヒートポンプ式の場合は、車内の暖かい空気を再利用することにより、ヒーターの効率を向上させることができるので、EVの航続距離を延ばすことができ、冬の間はより速く充電することもできます。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました