冬にEVを屋外に駐車するとどうなるのか?

EV 知識
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

EVに切り替える前に、 日常生活のすべての変化と、バッテリー駆動の車を扱うことの意味を理解しておく必要があります。1年のうち、数か月間雪が舞う地域にいる場合、EVが極寒の気温にどれだけ耐えられるか疑問に思うでしょう。

寒い気候、特に氷点下の気候に長時間さらされると、EVに影響を与えます。肌寒い環境で、電気自動車を屋外に一晩駐車するとどうなるでしょうか。

EVの航続距離に影響を与える温度は?

極端な極寒の温度は、ガソリンで動く機械に影響を与えます。バッテリー駆動のEVも例外ではありません。しかし、冬に従来のガソリン車で問題が発生すると予想されるのと同じように、EVを購入する前に考慮すべき同様の問題があります。ほとんどの EV は、4度以下の条件では航続距離が失われると言われています。 また、EVには車を暖めるための熱を生成するエンジンがありません。

寒冷地での懸念に対処するために、多くの EV 自動車メーカーは標準装備の一部としてヒート ポンプを搭載しています。例えばAudi e-tron、BMW i4 および iX、Jaguar I-Pace などのモデルに搭載されています。Hyundai Ioniq 5には、特定のAWDモデルにバッテリーヒーターが搭載されています。

スポンサーリンク

冬にEVを屋外に駐車するとどうなるのか?

新しいEVを寒い冬の天候の中で屋外に駐車する場合 、一晩であっても、主な懸念事項は全体的なバッテリーの消耗ではありません。代わりに、低温は主に、車の電源を入れて走り続けるために必要な電力量に影響します。 寒い日には 、EV のリチウム イオン バッテリーを起動して動作させるために、より多くの電力量が必要になります。

これらのバッテリー使用の影響をガソリン車と比較すると、実際には違いはありません。 外に出て内燃機関を始動すると、朝に始動するために多くのガスが燃焼し、気温が氷点下になったときにも稼働し続けます。 

研究によると、冬に車両に燃料を供給するのに必要なガソリンの量と、EV に電力を供給するのに必要な電気料金を計算すると、データはほぼ同じになるとのことです。 

一年の寒い時期に航続距離の喪失を防ぐ方法

EV

寒い冬の間、バッテリーの範囲を保護するためにできることがいくつかあります。たとえば、冬に EV を 20%未満の充電で走らせないことです。また、残りの充電量が不足している状況に陥った場合に備えて、充電または輸送のバックアップ計画を立てておいてください。EVの予熱をやめて シートヒーターを上手に使えば、走行時の使用量を抑えることができます 。最良の結果を得るには、可能な限りガレージに駐車し、ヒートポンプを維持し、プラグを差し込んだままEVを始動することを検討してください。 

そのため、冬の間、氷点下の気温が一般的な場所に住んでいる場合は、EV が極寒に耐えることについてあまり心配する必要はありません。ヒートポンプが付属するモデルを賢く選択し、これらのバッテリー保存のヒントを念頭に置いてください。また、ガレージやシェルターがある場合、寒い日は特にEVを屋内に駐車しておいてくのがおすすめです。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
知識
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました