フェラーリが電柱に激突、オーナーが2000万円の修理費を請求される

フェラーリが電柱に激突、オーナーが2000万円の修理費を請求される コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

最近、中国の道路で並走するフェラーリ・488を、テスラの車載カメラで撮影している動画がインターネット上に公開されました。YouTube チャンネルのワム・バーム・テスラカムによると、フェラーリは動画内で激しいクラッシュを起こし、最大2000万円の損害を与えたとのこと。さらに、保険会社が巨額の賠償を拒否したため、オーナーは長い手続きに耐えなければならないそうです。

フェラーリ対テスラの衝突事故:何が起こったのか

フェラーリが電柱に激突、オーナーが2000万円の修理費を請求される

YouTubeチャンネル「ワム・バーム・テスラカム」にアップロードされた映像では、フェラーリがテスラに近づいたとき、テスラのドライバーは4車線のうち2車線が道路工事のため閉鎖されていることに気づきました。

ドライバーは第2車線におり、前方には第1車線に1台、第3車線に2台がいた。ドライバーは加速して第3車線の車を追い越し、その車線に移動する決断を下しました。ご存知のように、テスラは加速が速い車であり、フェラーリはその加速をちょっとした挑戦と受け取ったかもしれません。

その結果、フェラーリはテスラの真後ろにつきます。その後、2台はいくつかの信号に遭遇し、最後の赤信号で、テスラのドライバーはアクセルを踏み込むと、後続にフェラーリがいないことに気づきました。

充電スポットに車を止めた後、ドライバーはテスラに記録された映像を見て、フェラーリのドライバーが車のコントロールを失い、スピンして電柱にぶつかり、横断歩道に突っ込んだことに気づきました。

映像によると、ドライバーは常に制限速度を下回っており、彼らの運転が合法であることを示していました。

スポンサーリンク

さらなる打撃

フェラーリが電柱に激突、オーナーが2000万円の修理費を請求される

事故後、フェラーリのドライバーは事故に加えてさらなる打撃を受けました。YouTubeチャンネル『Wham Baam Teslacam』によると、保険会社は14万ドルの損害をカバーすることを拒否したというのです。オーナーは補償を受けるために年間7,600ドルを保険会社に支払っているはずですが、保険会社はその請求に応じないとしている。

動画内にあるように、保険会社はオーナーが保険に加入する際、車の写真を送るよう求めましたが、オーナーが送った写真にはナンバープレートがぼかされていました。その後オーナーは1ヵ月も経たないうちに新しい写真を送り、定期的に保険料を払い続けたと述べています。それでも保険会社は、最初の写真が適合していなかったとして、保険金の支払いを拒否していそうです。

事故に対する様々な反応

フェラーリが電柱に激突、オーナーが2000万円の修理費を請求される

この事件に関し、YouTubeのコメント欄では様々な意見が見られました。あるユーザーは、「保険会社が毎年誰かの金を受け取りながら保険金の支払いを拒否することがどうして可能なのか」と尋ねる一方で、フェラーリのオーナーに保険会社を訴えるよう真っ向からアドバイスするユーザーもいました。

また、フェラーリのオーナーは無謀な運転をしており、保険会社は生じた損害について責任を負うべきではないとの指摘もありました。あるユーチューブのコメント投稿者は、「事故発生時にその人が交通違反を犯していた場合、保険会社は法的に請求を拒否できる」と述べました。

いずれにせよフェラーリが大破してしまったのは残念でなりません。

画像出典:Wham Baam Teslacam

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました