GRスープラに国産コスパ最強タイヤ履かせたら降りるのをやめた

GRスープラに国産コスパ最強タイヤ履かせたら降りるのをやめた コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

筆者が中古で購入した愛車のGRスープラ RZは最初からスポーツタイヤであるYOKOHAMA ADVAN NEOVA AD08Rが装備されていた。普段は街乗りしかしないのでスポーツタイヤは全く合わず、頭を抱えていた。そこで筆者は「国産コスパタイヤ」と呼ばれているとあるタイヤを購入。その性能に感動したのでシェアしていきたいと思う。

「RP広告を含みます」

AD08Rの何が気に食わなかったのか

AD08Rはスポーツタイヤなので、コーナーでの限界値が高いなどスポーツ性能は当然高い。しかし、そんなアグレッシブな走りをしない街乗りオンリーならそのメリットは生きず、デメリットだけが残る。スポーツタイヤは基本的にロードノイズが大きく、不快な振動も多く、乗り心地も良くない。

また、90スープラのRZは3速から2速へシフトダウンする際のショックがある。(個体差はあると思うが、筆者のスープラとエニカで借りたスープラでは同じ症状があった。)このショックとスポーツタイヤによる転がり抵抗が組み合わさると、減速時のショックが余計大きくなり、ブレーキを一定に踏んでいても意図しない強烈な減速をお見舞いされるのだ。

スポンサーリンク

購入した国産コスパ最強タイヤとは?また選んだ理由

GRスープラに国産コスパ最強タイヤ履かせたら降りるのをやめた

そこで今回購入したのが「国産コスパ最強タイヤ」とも呼ばれる「ファルケン AZENIS FK510」だ。スープラ純正指定タイヤである「ミシュラン パイロット スーパー スポーツ」は4本で20万を軽く超えるのに対し、このAZENIS FK510は4本で10万円と半値なのである。ポルシェ・ケイマンをはじめとした欧米車ユーザーも使用しているタイヤで、純正の半値で買えるのが何よりの魅力だ。

筆者としては純正のタイヤでも問題なかったのだが、先述した減速ショックが気に食わず、スープラを降りようか悩んでいた所だった。そこで「次はFタイプクーペRでも乗って遊ぼうかな」と思いながらドライブしていた最中に釘を踏んでしまい、車検も近かった為とりあえず国産で安めのタイヤを探したのだ。そこで出会ったのがこのファルケン AZENIS FK510だったのだ。

価格も10万ぐらいだしまぁいいか…とAMAZONでぽちったら2日で到着。すぐさま交換した所、その性能に驚いた。

FK510とAD08Rの違い

GRスープラに国産コスパ最強タイヤ履かせたら降りるのをやめた

タイヤ交換が終わり、駐車場から出る際に早速その違いに気づいた。ステアリングがより軽くなり、回す際のタイヤの抵抗がなくなった。そして店を後にし、走り始めるとスープラが別の車になったように感じたのだ。まず、ロードノイズや振動が嘘のように消えた。今までの「ゴオオオオオッ」というロードノイズや振動は消え、車内に初めて静けさが訪れた。その乗り味は、まるで絨毯の上を走ってるかのような柔らかい。わだちを拾ってもハンドル持ってかれることもなくなった。そして何よりうれしかったのは、気になっていた減速時のショックも9割減になったことだ。降りようか悩んでいた原因も完全とは言えないが、気にならない程度に減ったので満足だ。

スポンサーリンク

FK510のデメリット

当然スポーツタイヤではなくなったので、ステアリングからのフィードバックは減り、車との一体感はかなり薄らいでしまった。またファルケンのタイヤは筆者の経験上、ひび割れなどの劣化が速いイメージがある。この点に関してはひび割れなどが確認できたタイミングで記事をアップデートしていこうと思う。

兎にも角にも、10万円で悩みを打ち消せたのだから非常に良い買い物をしたと思う。純正タイヤが高く感じる人や、筆者と同じように買った時からスポーツタイヤを履いていた場合にはおすすめの選択肢だと思う。

安くて便利なタイヤ交換方法

安くタイヤを購入するためにAmazonや楽天でタイヤを購入する人も多いと思う。

通常、タイヤをネット通販などで購入した場合、 その次に取付作業をするお店に電話やネットで予約を取ることになる。しかし、これを正直面倒と感じている人も少なくないだろう。そこでおすすめなのがTIREHOOD(タイヤフッド)だ。

TIREHOOD(タイヤフッド)なら、購入手続きと同時に 取付作業をする店舗予約もオンライン上で行える。また購入前のタイヤ選びも車種やタイヤサイズから検索することができるので便利だ。しかも作業をわざわざカーショップに持っていくのではなく、ご自宅近くにあるガソリンスタンドでもできるのがメリットだ。

さらに、Amazonや楽天のタイヤにはないパンク保証が、全商品に無料で付いているので、 万が一の事態でも安心だ。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました