【記憶にございません】フロリダの女性がロールス・ロイスで事故

【記憶にございません】フロリダの女性がロールス・ロイスで事故 コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ロールス・ロイス・ドーンと思われる車のハンドルを握っていた、フロリダ州に住む66歳の女性は約4億円の彫刻に衝突し、景観フェンスを突き破り、最終的に高さ1.5mの防波堤に転落しました。

事件の概要

【記憶にございません】フロリダの女性がロールス・ロイスで事故

事件が発生したフロリダ州パームビーチの居住者である女性は、3月31日金曜日の午後6時頃、被害が発生した敷地を横切って車を運転していたとパームビーチポストが報告しています。

彼女は私道を通り抜け、縁石に接触し、芝生を横切りました。途中で、彼女は財産の所有者が300万ドル(約4億円)の価値があると主張する彫刻に激突しました。彼女は続けて、コンクリートの造園フェンスのように見えるものを突き破り、ビーチに出ました。

【記憶にございません】フロリダの女性がロールス・ロイスで事故

彼女の車は、前輪が浜辺にあり、後輪がまだ高さ1.5mの防波堤の上にある状態で停止しました。幸いなことにけが人はおらず、運転手の女性は捜査官と話をするのに十分なほど元気でした。

しかし、警察によると、彼女は墜落に至るまでの時間の記憶がないと主張しているとのことです。また奇妙なことに、彼らは彼女が酔っているようには見えなかったと付け加えています。事件の後、彼女はセント・メアリーズ・メディカル・センターに運ばれました。

【記憶にございません】フロリダの女性がロールス・ロイスで事故

ロールス・ロイスの正確な状態は特定されていませんが、パームビーチ警察が共有した写真から、バンパーとグリルを含むフロントフェイス、および車両のリアが事故で損傷したことが明らかです。

ロールス・ロイス・ドーンは、最大 593 HP (442 kW/601PS) と840 Nmのトルクを発生する 6.6 リッター V12 エンジンを搭載しています。日本での販売価格は4261万円からと非常に高価な車です。

スポンサーリンク

高齢者の自動車事故の原因

【記憶にございません】フロリダの女性がロールス・ロイスで事故
  1. 認知機能の低下:高齢になると認知機能の低下が起こり、判断力や反応速度が落ちることがあります。そのため、信号や標識を見落としたり、危険を察知するのが遅れてしまうことがあります。
  2. 身体機能の低下:高齢になると、視力や聴力の低下、筋力の低下などが起こることがあります。これらの要因が原因で、ブレーキやアクセルの操作がうまくできず、事故を引き起こすことがあります。
  3. 自信過剰:高齢者は長年運転してきた経験から、自分の運転技術に自信を持っている場合があります。しかし、運転環境の変化や身体的な限界を認識できず、危険な状況に陥りやすくなっています。
  4. 交通ルールの不理解:高齢者の中には、交通ルールに関する知識や理解が不十分な場合があります。また、長年の運転でルールを忘れたり、変更についていけなかったりすることがあります。

高齢者の自動車事故対策

【記憶にございません】フロリダの女性がロールス・ロイスで事故
  1. 運転前のチェック:運転前には、体調や薬の副作用の確認をすることが大切です。また、眼鏡や補聴器などの必要な道具を持ち、運転に備えることが重要です。
  2. 定期的な健康チェック:高齢者は、定期的に健康診断やドライバーズチェックを受けることが大切です。身体的な問題があれば、適切な対策を取ることができます。
  3. 運転技術の維持・向上:運転技術を維持・向上するために、運転教習所や運転シミュレーターを活用することができます。また、交通ルールに関する知識を定期的に確認することも重要です。
  4. 運転環境の改善:高齢者が運転する際には、できるだけ交通量の少ない時間帯や道路を選ぶようにしましょう。また、運転する車の機能や装備についても、自分に合ったものを選ぶことが大切です。
  5. 交通ルールの理解:交通ルールに関する理解を深めるために、運転免許更新時には講習を受けることができます。また、運転中に交通ルールを意識して確認する習慣をつけることも効果的です。
  6. 家族や医療従事者とのコミュニケーション:高齢者の運転に関して、家族や医療従事者と定期的にコミュニケーションを取ることが大切です。運転に不安がある場合には、共有することで適切なサポートを受けることができます。
  7. 代替手段の検討:高齢者が運転することが難しくなった場合には、代替手段を検討することが重要です。公共交通機関やタクシー、ドライブレコーダーやスマートフォンを活用した運転支援アプリなどがあります。

今回の事故の正確な原因はまだわかっていません。しかし、高齢者の運転には注意が必要です。適切な対策を取ることで、安全に運転することができます。

写真 パームビーチ警察署

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
タイトルとURLをコピーしました