フォード、品質管理上の問題に対処するため、2024年型マスタングの生産を複数回中止

フォード、品質管理上の問題に対処するため、2024年型マスタングの生産を複数回中止 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

2024年型マスタングが顧客の手に渡る前に、フォードはすでにフラットロック組立工場での生産を削減し、品質問題に対処しています。この決定は、特にタイムリーなもので、自動車メーカーは近年、同社の自動車につきまとう生産上のミスに対処している最中であるためです。

2024年型マスタングの生産が4月初旬に終了した後、フォードは4月24日、5月1日、5月8日の週に生産シフトを削減したと、スポーツカーの発売チームの匿名のメンバーがDetroit Free Pressに語っています。

これらの措置により、自動車メーカーは特に、ボディパネルの取り付け、電気系統、V8エンジンのバルブに関する品質問題を解決しようとしています。フォードは、これらの取り組みについて直接確認はしていませんが、同誌に対し、自社の自動車が「顧客が求める品質で製造され、この約束を果たすために適切な行動を取る」ことを約束すると述べている。

価値ある妥協点

フォード、品質管理上の問題に対処するため、2024年型マスタングの生産を複数回中止

また、広報担当者は、フォードが自動車の新しい発売プロセスを導入したことを指摘しました。

こうした対策は自動車メーカーにとって高額であり、工場を1日停止させるのに数百万ドル(数億円)かかることもあるそうです。

フォードは2022年に保証修理に数十億ドル(数千億円)を費やし、その年に最も多く、最大のリコールを行った自動車メーカーであったと報告されています。

フォードは、ケンタッキー・トラック工場で学んだことを、マスタングを製造しているフラットロック・アセンブリなどの他の工場に適用することを検討していると述べています。

購入者にとっては最善の策かもしれませんが、このプロセスは労働者を困らせていると伝えられています。フラットロックで働く人の中には、頻繁なシャットダウンにより、生産上の問題を取り除く間、一時的に休みを取らされることになったと不満を漏らす人もいます。

しかし、それによってリコールや顧客からの苦情が減るのであれば、フォードはそれを価値ある妥協点だと考えているようです。

画像出典:フォード

最新版 図解 生産管理のすべてがわかる本
日本実業出版社
¥1,870(2024/04/12 15:33時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました