【奇妙な車ファイル】原子力を動力源とするフォード・ニュークレオン

【奇妙な車ファイル】原子力を動力源とするフォード・ニュークレオン コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

コンセプトカーは新しいデザイン機能、スタイリング、テクノロジーを紹介するために特別に製造されたモデルのことです。様々なコンセプトカーがありますが、最も極端なコンセプトカーは1950年代のフォードのニュークレオンだと言っても過言ではありません。その名の通り、これはフォードが原子力を動力とする自動車を設計し、探求する試みでした。1950年代から1960年代にかけて原子力を探求した数少ない野心的なプロジェクトの1つでした。

ご想像のとおり、原子力を動力とする自動車は実現しませんでした。2023年になっても、原子力自動車のアイデアはまだ時代を先取りしており、ニュークレオンがいかに極端であったかを示しています。

フォードは原子力が未来だと信じていた

【奇妙な車ファイル】原子力を動力源とするフォード・ニュークレオン

フォードは、ニュークレオンを最初に発表したとき、原子力自動車が未来であると強く信じていました。

1950年代後半ソ連に対する冷戦が本格化しただけでなく、家庭は原子炉によって電力を供給され始めていました。そのため、アメリカでは核が度々話題になり、フォードのよ​​うな企業なら核技術を自動車に収まるサイズに縮小できると信じられていました。

ニュークレオンは、電子トルクコンバーター用の電力を生成します。これは現代のハイブリッドにいくらか似ています。人目を引くデザインと原子力自動車の興味深いアイデアにもかかわらず、ニュークレオンは1958年に登場するとすぐに姿を消しました。

すべては、核技術が大量生産車の準備ができていなかったためです。

スポンサーリンク

核技術と自動車

【奇妙な車ファイル】原子力を動力源とするフォード・ニュークレオン

このような原子炉コアは、自動車のエンジン ルームに収まります。そして、それを動かす力を生み出す。しかし、その原子力エネルギーを電力に変換することが最大の問題です。反応器からの熱エネルギーは機械的エネルギーになる必要があるためです。通常の内燃機関エンジンはこれを行うことができますが、原子炉はこれを効率的に行うのが難しかったのです。

原子力発電力は、核分裂する時に出る熱で水を沸騰させて蒸気を作り、電気を生成する発電機のタービンを回転させるために使用されます。非常に多くのエネルギー変換が行われるため、効率は原子炉にとって大きな問題です。

蒸気タービンを熱機関と交換するなどの単純な方法でさえ、この問題に悩まされます。そのため、ニュークレオンは大量生産の準備ができていませんでした。フォードは、自動車用の核技術の開発スピードについて楽観的すぎたのかもしれません。

彼らはニュークレオンのコンセプトを作成しましたが、これらは 8分の3の縮尺モデルを超えることはありませんでした。おそらく、フォードはそれが不可能な仕事であることを最初から知っていて、単にそのような車がどのように見えるかを探求したかったのかもしれません。

ニュークレオンはまだ時代を先取りしている

【奇妙な車ファイル】原子力を動力源とするフォード・ニュークレオン

今日でも、ニュークレオンのデザインはまるで別の世界から来たような、信じられないほど未来的なものです。

おそらく際立っているのは、1750mmという信じられないほど短いホイールベースです。これはオリジナルのMiniよりも短く、フロントのオーバーハングが信じられないぐらい長くなっています。そのホイールベースは後部で原子炉を支えていたので、キャビンは車軸の前方に配置されました。

スポンサーリンク

ニュークレオンは未来のビジョン

ニュークレオンは、おそらく実現しないであろう未来へのビジョンです。原子力自動車プロジェクトは、ニュークレオン以来、主だった開発は進められていません。

搭載するコアの大きさによっては、ニュークレオンは8000km以上の距離を再補給なしに走破できるというのは、確かに魅力的に聞こえます。

出典: Ford、The Bulletin

その他の奇妙な車

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました