ホンダ、今年75歳の誕生日プレゼントに新型スポーツカーを示唆

ホンダ、今年75歳の誕生日プレゼントに新型スポーツカーを示唆 コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ホンダのスポーツカー「S2000」が、今年、日本の自動車メーカーの75周年を記念してカムバックする可能性があると、幹部が示唆しました。

「2023年はホンダの75周年です。50歳のときにS2000が登場しましたが、今年はどうでしょう?誰にもわかりません…」ホンダ・ヨーロッパ副社長のトム・ガードナーは、イギリスの雑誌『Autocar』にそう語ったと伝えられています。

ホンダは、2009年に生産ラインから最後のS2000(1999年に発売されたホンダの50周年を1998年に祝うために作られた車)が姿を消して以来、フラッグシップスーパーカーであるNSX以下のコンパクトスポーツカーを持たずにいます。

過去10年間の報道では、復活の計画が進行中であるとされてきましたが、どれも実現には至っていません。

新型S2000の発売が検討されている?

ホンダ、今年75歳の誕生日プレゼントに新型スポーツカーを示唆

2020年末にForbes誌が発表した最新の報道では、「2024年に(S2000の)25周年を祝うために」2.0リッターターボのシビック・タイプRを搭載した新型S2000の発売が検討されているとされています。

ホンダが新しいスポーツカーを導入し、ヨーロッパで販売するとしたら、排ガス規制が強化され、ホンダヨーロッパが電動化技術を広く採用する中、ハイブリッドか電気駆動を採用する必要がありそうです。

日本の自動車大手は、10年後までにバッテリー駆動のスポーツカーを2台開発する計画を確認済みです。

そのうちの1台は、第3世代のホンダNSXの後継車になると予想されています。1990~2005年の初代モデルはガソリンエンジンを使用し、2016~2022年に製造中止となったばかりのモデルはハイブリッド技術を導入しました。

スポンサーリンク

10年以内に登場するということ以外は不明

ホンダ、今年75歳の誕生日プレゼントに新型スポーツカーを示唆

ホンダが公開したティザーイメージによると、2台目はS2000のプロポーション(長いボンネットと低いノーズを持つ伝統的なフロントエンジン、後輪駆動のロードスター)を採用する可能性がありますが、クーペかコンバーチブルかは明らかにされていません。

これらの車の登場時期は、発表時には、この10年以内に登場するということ以外には明らかにされていません。

ガードナー氏が新型スポーツカーの計画をほのめかしているのではなく、既存モデルの特別仕様車か、ホンダの他の車の高性能バージョンである新型タイプRの可能性もあります。

また、このコメントは、記念すべき新しいコンセプトカーを指している可能性もありますが、これは生産される予定がないのかもしれません。

“先進的”と “スポーティ”

ホンダ シビック タイプ R

「特にヨーロッパでは、”先進的 “と “スポーティ”という2つの言葉でブランドを特徴づけることになるでしょう」とガードナー氏はAutocarに語っています。

「ホンダは非常に強力な技術基盤を持っています。技術のためだけの技術ではなく、お客様に新しい価値を提供する技術です。」

「そして、私たちはスポーツカーを愛しています。最新のタイプRには大きな需要があり、その性能も高く評価されています。」

「先月、ニュルブルクリンクの記録を塗り替えたのも、私たちのブランドにとって重要な要素です」と続けています。

スポンサーリンク

次世代S2000が欲しいという声は多い

ホンダ、今年75歳の誕生日プレゼントに新型スポーツカーを示唆

Autocarは、2017年にホンダの八郷隆弘CEO(当時)のコメントを取り上げています

「”次世代S2000が欲しい “という声は、すでに多く聞かれるようになりました。ホンダの開発エンジニアは、要望があればすぐにスポーティなクルマを開発するんですよ。」

「日本、北米、欧州、中国など、世界中で、S2000を復活させたいという声が多くなっています。しかし、まだ成熟していない。まだ時間が足りない。S2000を復活させるかどうか、決めるには時間が必要です。」

ホンダは、このようなモデルのために数字が積み重なれば、S2000の復活に興味を示しています。

画像出典:ホンダ

ホンダ S2000―リアルオープンスポーツ開発史
三樹書房
¥6,000(2024/06/25 19:00時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました