【もうすぐ年末年始】雪道では何に気を付けて運転するべき?

冬の運転 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

もうすぐクリスマス・年末年始。クリスマスにドライブデートに出かけたり、年末年始に帰省する方もいらっしゃるかと思います。しかし、万が一雪に遭遇した場合、何に気を付けて運転するべきでしょうか?

雪道での注意点

冬タイヤ

雪道では、スリップによるトラブルの危険性があるため、急な車線変更や急ブレーキは禁物。また、雪道では制動距離が伸びるので、先行車との車間距離は多めにとりましょう。発進する時は、アクセルをゆっくりじわじわと踏み込んで、ゆっくり発進することを心がけましょう。また、ノーマルタイヤでの雪道の走行は極めて危険です。スタッドレスタイヤやチェーンを必ず装着するようにしてください。

スポンサーリンク

凍った路面での注意点

アイスバーン

凍った路面(アイスバーン)ではタイヤが非常に滑りやすく危険です。凍った路面ではスタッドレスタイヤや滑り止めチェーンを装着していてもスリップしやすい状態です。また、一見濡れたアスファルトのように黒く見える路面でも、実は表面が凍りついている「ブラックアイスバーン」は特に注意が必要です。このようなシチュエーションでは、滑る事が前提とした運転を心がけるようにしてください。

またアイスバーンでは、ポンピングブレーキという「ポンポンポン」と断続的にブレーキを効かせるポテクニックが有効です。もしアイスバーンでグーッと強くブレーキを踏んでしまうと、タイヤがロック(回転を停止)することがあります。タイヤがロックしてしまうと制動距離が伸びたり、ハンドルが効かなくなってしまいます。

アイスバーンが起こりやすい場所

冬 車 トラブル

橋の上

風通しのよい橋の上や陸橋は、地熱が届かない上に冷たい風も吹きつけることもあります。また、構造上結露が起きやすく、天候にかかわらずブラックアイスバーンにもなりやすい特徴があります。周りの道路は凍結していないのに橋だけがアイスバーン…なんてことも。気温にかかわらず、橋や陸橋を走る時は、速度を十分に落とすようにしましょう。

トンネルの出入り口

トンネルの出入り口付近は強い風が吹きやすく、さらに路面が冷やされてアイスバーンになりやすいスポットです。トンネルの出口付近がアイスバーンになっていると予測した運転を心がけましょう。

交差点付近

交差点では、降り積もった雪が車の排熱によって溶け、路面が濡れた状態になります。濡れた路面は夜になり、気温が下がると凍結しやすくなります。交差点に差し掛かる前には、スピードを十分に落として走行するよう心掛けてください。

スポンサーリンク

雪道の運転の注意点まとめ

冬 タイヤ

・急がつく動作をしない(急発進・急ブレーキ・急ハンドル)

・スタッドレスタイヤやチェーンを装着する

・車間距離を取る

・ポンピングブレーキをつかう

・橋・トンネル・交差点では十分に減速する

・滑る事が前提とした運転を心がける

上記の事を心がけ、素敵なクリスマス・年末年始をお過ごしください!

に関する関連記事

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました