【ポルシェ純粋主義者にとっての悪夢】ホンダ K24にスワップされた911ターボ

【ポルシェ純粋主義者にとっての悪夢】ホンダ K24にスワップされた911ターボ コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

フェラーリと同様に、ポルシェ 911に対して絶対にやってはいけないことがいくつかあります。だからこそ、ポルシェ純粋主義者はこの 997のカスタムに激怒するでしょう。

ラリー チェンの YouTube チャンネルでは、多くの象徴的なチューニングカーが紹介されており、その多くはポルシェです。しかし、この 997には、エンジンルームに”汚い”秘密が隠されています。エンジンはもはや水平対向6気筒ではなくホンダ K24にスワップされています。オーナーがなぜそうすることにしたのかについて正当な理由はあまりありませんが、どうやらパフォーマンスもその1つだったようです。それが何を意味するかというと、次のとおりです。

パフォーマンスの不足により、K24 の交換を決定

【ポルシェ純粋主義者にとっての悪夢】ホンダ K24にスワップされた911ターボ

パフォーマンスを向上させるためにポルシェ 911 にホンダのエンジンを搭載するという話は毎日聞くものではありませんが、それはまさにオーナーである YouTube チャンネル「Tuning by Nick」のニックが行ったことです。この行為は純粋主義者には心臓発作を引き起こすものでしょう。

このエンジンは 2014年ホンダ シビック Si のもので、ほぼ純正とのことです。このエンジンは、190,000 km (118,000 マイル) 走行した 3.8 リッターの純正エンジンを交換するために、約90,000 km (56,000マイル) 走行したレッカー車から650ドルで購入されました。GT3のボディキットが装着されていますが、この997は2006年式のカレラ Sとして誕生しました。

【ポルシェ純粋主義者にとっての悪夢】ホンダ K24にスワップされた911ターボ

もともと、997.1 カレラ Sのエンジンは355馬力を発生しますが、K24に交換されたポルシェ 911 は 435馬力を発生させます。また、ブーストを上げれば500馬力にも到達するそうで、これは純正のエンジンよりも150馬力も高いことになります。

このK24 エンジンを搭載するにあたり、車のボディやシャーシを切断することはなかったそうで、ニックはこれを誇りに思っているそうです。

スポンサーリンク

K24エンジンスワップのメリット

【ポルシェ純粋主義者にとっての悪夢】ホンダ K24にスワップされた911ターボ

ホンダのKシリーズエンジンは、その信頼性と柔軟性により、様々な車両に使用でき、比較的低コストでカスタマイズできるエンジンとされています。ポルシェ911は一般的に高い信頼性と高性能を持つスポーツカーとして知られており、その信頼性に寄せられる期待から、とくにアメリカではこのK24エンジンスワップは注目されています。

このカスタマイズのメリットとして以下の点が挙げられています:

  1. エンジンルームのスペースが増加し、作業が容易になる。
  2. ホンダのKシリーズエンジンは信頼性が高く、信頼性が要求されるスポーツカーに適している。
  3. カスタマイズのコストが比較的低い。
  4. より良い重量配分が実現できる。
  5. カスタマイズの際、大幅な加工が必要ない。

最終的に、このホンダKシリーズエンジンを搭載したポルシェ911が素晴らしいカスタマイズか、あるいは冒涜的なものかは、見る人の評価に委ねられています。このカスタムカーは、車愛好家や自動車ファンの間で議論を巻き起こすでしょう。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラムチューニングカー
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました