ケン・ブロックの凄すぎるビデオ10選

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

10.ジムカーナ1

ジムカーナ 1。これはジムカーナシリーズの始まりであり、ケン・ブロックはパワフルなスバル WRX を運転しています。この動画がきっかけでケン・ブロックやジムカーナの存在を知った方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

9.クライムカーナ2

ケン・ブロックは、914馬力の「フーニトラック」で中国で最も危険な道と言われている、瀝青の曲がりくねった道を文字通りの神業で豪快な走行を披露しています。

8.エレクトリカーナ

「Electrikhana」は、彼の象徴的な Gymkhanaシリーズで初となる、電気自動車を用いた作品。ビデオではほとんどが横向きで、タイヤの煙に包まれている。ユニークなAudi S1​​ Hoonitronと”シンシティ”のさまざまな光景や音が、強烈なパンチを演出。

スポンサーリンク

7.ジムカーナ7

「フーニコーン」と呼ばれる1965年のフォード・マスタングは、ロサンゼルスのストリートを走るために作られました。800馬力を超えるパワーと4輪駆動パッケージによるパフォーマンスは圧巻で、あの7度のF1チャンピオン、ルイス・ハミルトンもケンブロックに購入を打診するほどでした。

6.ジムカーナ3

ジムカーナ3の舞台はのフランス。パリから約30キロメートル離れたモントリエ レーシング サーキットとその周辺で撮影されました。サーキットの使われなくなった高い土手でのユニークなドライビングスタントは必見です。

スポンサーリンク

5.クライムカーナ

パイクスピークは、1916年から続くモータースポーツイベントであり、ロッキー山脈を駆け上るユニークなイベントです。ケン・ブロックはこの動画の撮影のためにフーニコーン・マスタングをアップグレードし、ツインターボを搭載して1400馬力以上にパワーアップしましたが、ハイライトは頂上付近でのヒヤッとづるシーンです。

4.ジムカーナ4

ジムカーナ4は、カリフォルニア州ユニバーサルスタジオのバックロットにて、ベン・コンラッド監督が5日間かけて撮影した壮大なスケールの作品。映画スタイルのスタントや、ロボットのサメ、ゾンビなどのカメオ出演が特徴です。

スポンサーリンク

3.ジムカーナ10

ジムカーナ10では、スウェーデンのルレオで2018年型フォード・フィエスタを氷雪路の上で駆け抜けるシーンからスタート。これはケンのジムカーナ動画シリーズにおいて初となるシーンです。その後、ミシガン州デトロイトへとシーンが移り、フォード・マスタング・フーニコーンRTR V2を駆り、「タイヤスレイヤー」の名に恥じない走りを披露しています。

2.フーニコーン マスタングでロンドン観光

トップギアのマット・ルブランがケン・ブロックが駆るフーニコーン・マスタングと共にロンドンを観光。もちろんケン・ブロックの運転なのでただの観光ではありません。女王陛下も出演!?

スポンサーリンク

1.ジムカーナ 5

カリフォルニア州サンフランシスコで撮影された ジムカーナ5は、高速かつ正確なドライビングアクションに焦点を当てています。その撮影には4日を費やしたとの事。この動画はYouTubeで1億 1,500万回以上再生されており、彼の名を一躍有名にしました。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました