ゲーム感覚で韓国車を盗む「起亜チャレンジ」って知ってる?

kia コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

パンデミックと記録的なインフレのせいでしょうか。アメリカではこの2年間で自動車盗難が増加しています。アメリカの一部の都市では、自動車盗難のほぼ半分が韓国の自動車メーカーです。しかもその盗難方法がUSBケーブルを使用する”お手軽”なもの。さらにその方法がYouTubeで公開されてすらいます。

「Kia Boyz(キア・ボーイズ)」とは?

ジェネシス

「起亜ボーイズ」は、起亜自動車を盗み、盗んだ韓国車を使って暴走運転、乗り捨て、事故を起こすなどした動画をTiktokやYouTubeなどに投稿するティーンエージャーのことです。またこの“悪質なゲーム”は「Kia Challenge(起亜チャレンジ)」または「Kia Boyz Challenge(キア・ボーイズ・チャレンジ)」と呼ばれています。

彼らの餌食となっているのは2011~2021年の間に製造された起亜自動車の車と、2015~2021年の間のヒョンデの車。「ステアリングのアンダーカバーとキースロットのカバーを剥がし、USBケーブルを差し込んでひねるだけでエンジンが始動。その後はそのUSBケーブルが鍵の代わりになる」という脆弱性が見つかり、その様子を撮影したものがソーシャルメディアで”バズ”り拡散され、このチャレンジが流行しました。

スポンサーリンク

起亜自とヒョンデの盗難が最も多いのはどの都市?

アメリカ

ミシガン州グランドラピッズでは、2022年6月に盗まれた車の45%が起亜またはヒョンデ(ヒュンダイ自動車)でした。ミネソタ州セントポールでは、今年これまでに自動車盗難の4分の1を占めています。また、昨年と比較して、ミズーリ州セントルイスでは、警察によると起亜の盗難が254%、ヒュンデは222%増加しているとのこと。 テネシー州メンフィス、シンシナティ、オハイオ州コロンバスでも同様の数字が見られています。

なぜ韓国車なのか?

車両盗難3

日本では信じられないかもしれませんが、起亜とヒョンデの車両には2021年頃まで、イモビライザーが搭載されていませんでした(オプション装備の場合もある)。このイモビライザーとは専用のキー以外ではエンジンの始動ができない仕組みの自動車盗難防止システムのこと。ヨーロッパでは1995年ごろには全ての車に装着することが義務付けられていました。

一連の事件を受け、所有者の集団訴訟も相次いでいます。メーカー2社は2022年以降に製造された車両にはこれを防ぐための変更が加えられたと発表しました。

スポンサーリンク

近年話題の防犯グッズ

最近では国産スポーツカーなどの盗難が相次ぎ、その対策として一般家庭でも防犯カメラを設置するケースが増えています。ニュースでも「防犯カメラの映像が犯人逮捕につながりました」とよく耳にしますよね。

そんな防犯カメラはAmazonで手軽に購入できますが、サクラ、やらせ、ステマレビューを簡単に見抜くシステム「サクラチェッカー」によると、

監視カメラ・録画機セットカテゴリではサクラ製品が全体の79%を占めており通常製品の方が少ない非常に危険なカテゴリ

サクラチェッカー

とのこと。折角買うのならちゃんとしたものを買いたいですよね。そこでオススメなのが【防犯プレミアム】です。

【防犯プレミアム】とは

防犯プレミアムは自社工場持ち、 数十人のエンジニアを保有しており、最先端のカメラ技術に触ることができます。 防犯カメラの開発、製造から品質管理、出荷までは自社でコントロールできます。製品品質に自信があり、 全商品1年保証付きです。

また、防犯プレミアムは工場から直接入荷するので、 低価格で高品質の防犯カメラを提供するができます。 低予算で防犯システム構築を目指す方におすすめです。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました