トヨタ ランドクルーザーは屋根にメルセデス・マイバッハ Sクラスを乗せることができる

トヨタ ランドクルーザーは屋根にメルセデス・マイバッハ Sクラスを乗せることができる ニュース
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ロシアのロストフ・ナ・ドヌで撮影された驚愕のビデオ映像が話題となっています。その光景とは、トヨタ・ランドクルーザー100がメルセデス・マイバッハSクラスを屋根に積んでいるというもので、まさに信じがたい光景です。この珍しい出来事が発生した場所や背後にある謎について、詳しく探ってみましょう。

ロシアのどこかでの驚きの瞬間

トヨタ ランドクルーザーは屋根にメルセデス・マイバッハ Sクラスを乗せることができる

驚愕の瞬間がロシアの都市ロストフ・ナ・ドヌで捉えられました。映像には、トヨタ・ランドクルーザー100がメルセデス・マイバッハSクラスを屋根に積んでいる様子がはっきりと映っています。この高級セダンが木の構造だけで支えられ、車軸がしっかりと固定されているように見えます。そのため、このマイバッハが道路から落下する心配はありません。

メルセデス・マイバッハSクラスは、その巨大なサイズからもわかるように、非常に重い車両です。そのため、これをトヨタ・ランドクルーザーで運ぶというアイデア自体が驚きです。ランドクルーザーは頑丈なSUVですが、これほどの負荷を積むことは考えにくいでしょう。

スポンサーリンク

詳細な場所の特定に挑戦

トヨタ ランドクルーザーは屋根にメルセデス・マイバッハ Sクラスを乗せることができる

ビデオには、交差点の向かいにある建物に「Severnyy Rynok」と書かれているのが確認されました。これはロシア語で「北市場」を意味します。しかし、ロシアには多くの都市で「北市場」という名称が使われており、具体的な場所を特定するのは難しい課題でした。それでも、調査チームは電話やテキストメッセージを駆使して、ビデオの撮影場所を突き止めるべく努力しました。

結局、この驚愕の光景はロシア南部のロストフ地方のロストフ・ナ・ドヌで撮影されたものであることが判明しました。ロストフ・ナ・ドヌは人口110万人以上の大都市であり、数多くの人々がこの珍しい光景を目撃しました。

なぜこんなことをするのか?

トヨタ ランドクルーザーは屋根にメルセデス・マイバッハ Sクラスを乗せることができる

では、なぜ誰かがメルセデス・マイバッハSクラスをトヨタ・ランドクルーザーの屋根に積もうとしたのでしょうか?その理由はわかりませんが、この独特の実験はロシアのビデオブロガー、チェボタレフ氏によるものだと言われています。チェボタレフ氏は過去にも様々な試練にマイバッハをさらしてきたことで知られており、この度はその限界に挑戦したようです。マイバッハが屋根に積まれているにもかかわらず、車は奇跡的にも無事であり、その耐久性に驚かされます。

スポンサーリンク

次の展開に期待

現在、この動画がYouTubeやソーシャルメディアで共有されており、多くの人々がその驚きにコメントを寄せています。特に注目されているのは、このマイバッハが既にエンジンを搭載していないため、軽量化されている可能性があるという点です。しかし、マイバッハのモデルにはさまざまなエンジンが搭載されており、その重量も異なるため、具体的なモデルについては不明です。

最終的には、警察によってこの驚きの車両が止められる可能性が高いでしょう。安全性や道路交通法に違反する可能性があるため、このような実験は危険であると言えます。どのような結末を迎えるのか、今後の展開に注目が集まります。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
ニュース
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました