ランボルギーニの新型スーパーカーは1000馬力越えのV12を搭載予定

【朗報】ランボルギーニの新型スーパーカーはV12を搭載予定 コラム
この記事は約5分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ランボルギーニは、アヴェンタドールに代わる次世代スーパーカーの最初の公式詳細を発表しました。コードネーム「LB744」のフラッグシップスーパーカーのニュースは、急速にダウンサイジングや電動化が進んでいる世界に新な風を吹き込みます。ランボルギーニは、すべての内燃機関ファンに新しい世代の楽しみを提供するために、V12エンジンを保持することにしました。

【朗報】ランボルギーニの新型スーパーカーはV12を搭載予定

しかし、依然として新型スーパーカーの仕様の大部分はまだ謎のままです。一体、ランボルギーニが何と名付けたのかさえわかりません(おそらく雄牛にちなんでいると思われます)。アヴェンタドールの後継モデルが完全に明らかになるのは今月末です。

ランボルギーニが明らかにしたことは、ハイブリッドの”獣”が競合他社を圧倒する方法です。LB744はプラグインハイブリッドですが、ランボルギーニはこの用語を好みません。代わりに、彼らはそれを「高性能電気自動車」の略である「HPEV」と名付けました。

ランボルギーニはV12を生かし続ける

【朗報】ランボルギーニの新型スーパーカーはV12を搭載予定

ランボルギーニ LB744 は、ランボルギーニの特徴である V12 エンジンを保持しながら、電動化の利点を活用しています。自然吸気の6.5 リッター エンジンは、ランボルギーニがこれまでに生産した中で最も強力であり、厳しい排出規制に挑みます。

「最もパワフル」というワードが「最も軽量」と同じ文に並ぶとは誰も予想していませんでしたが、新しいエンジンにより、他のすべてが重く見えます。L545と呼ばれる新しい 6.5 リッター V12のエンジン単体重量は218kgです。これはアヴェンタドールのエンジンよりも17kg軽量です。

ランボルギーニは、再設計された吸気ダクトと最適化された燃焼室の気流により、L545 のパフォーマンスを向上させるために多大な努力を払ってきました。自動車メーカーはまた、ランボルギーニの代名詞となった特徴的なV12サウンドを維持するために細心の注意を払っています。

【朗報】ランボルギーニの新型スーパーカーはV12を搭載予定

しかし、以前のV12設計から根本的に違うのはエンジンとギアボックスの位置です。アヴェンタードールではエンジンの前にシングルクラッチギアボックスが備えられていましたが、新しいエンジンでは180度ひっくり返され、エンジンの後ろに配置されています。

革新の結果?新しいV12は、最大出力825hp/9250rpm、最大トルク73.9kgm/6750rpmを発生します。

スポンサーリンク

LB744は電動四輪駆動を採用

【朗報】ランボルギーニの新型スーパーカーはV12を搭載予定

V12を見ると、次世代のフラッグシップ ランボルギーニがプラグインハイブリッドであることを忘れがちです。半電動化の主な目的は、「…バッテリーを追加電力の加速器として使用することです。信じられないほどのパワーと優れたハンドリングを提供します」と、ランボルギーニ CEO のステファン・ウィンクルマンは述べています。

2019 ランボルギーニ シアン V12 とは異なり、LB744 はコンデンサーにエネルギーを蓄えません。代わりに、新しいスーパーカーには、車のセンター コンソールの下にある長さ154cmの溝に、大容量のリチウム イオン バッテリーが搭載されます。

バッテリーの余分な重量にもかかわらず、L545 エンジンの軽さは3つのモーターの統合を可能にします。2 つはフロント アクスルに動力を供給し、1 つはリアを駆動するギアボックスに取り付けられ、重量とパフォーマンスへの影響を最小限に抑えます。

3 つのモーターと V12 を組み合わせると、驚異的な 1,015 馬力を発生し、LB744 をスピードと俊敏性の新たな高みへと押し上げます。この数字はフェラーリ SF90 Stradaleを圧倒しています。

LB744 は電力のみでも走行でき、エネルギー消費を抑えるために前輪でクルージングし、追加の電力が必要な場合は 4 輪すべてにシームレスに切り替えます。トランスミッション トンネル内に取り付けられたリチウム イオン バッテリーは、回生ブレーキとガソリン エンジンによってわずか 6 分で、または外部 7kW 電流で 30 分で充電できます。ほとんどの次世代プラグイン ハイブリッドと同様に、電気で約 10kmの範囲を走行できます。

LB744 には、自社開発の新しい8速ギアボックスを搭載。

【朗報】ランボルギーニの新型スーパーカーはV12を搭載予定

ランボルギーニは、LB744 専用に最新鋭の 8 速ギアボックスを設計し、電気モーターを搭載した V12 の後方に横置きに配置しました。ギアボックスに取り付けられた電気モーターは、フロントの電気モーターへのエネルギー供給と、スターター モーター ジェネレーターとしての 2 つの機能を果たします。後進ギアを容易にするために、2 つのフロント電気モーターが作動します。速度を上げるために、後部の電気モーターが作動し、後部の車軸と車輪に動力を供給します。

古典的なミウラに敬意を表して、これは横置きギアボックスを備えた2 番目のランボルギーニ ロードカーになります。ギアボックスは、3 軸ではなく 2 軸というユニークな構成を採用しています。これにより、エンジニアはスペースを節約しながら全体の重量を最小限に抑えることができました。ギアボックスと電気モーターの重量はわずか約192kgです。

スポンサーリンク

あのランボルギーニがCO2排出量を削減

【朗報】ランボルギーニの新型スーパーカーはV12を搭載予定

アヴェンタドールの後継車は、 1,015馬力の出力がありながら、多数の電化機能により、現世代のアヴェンタドールと比較して CO2 排出量が 30% 削減されると主張しています。

最大10kmの全電動航続距離、低回転時の電気モーター アシスト、および全電動リバースは、LB744 の環境に優しいステータスを主張します。

ランボルギーニは、月末までに新しいフラッグシップスーパーカーの技術的な詳細をさらに明らかにすることを約束しています. LB744の本名、最高速度、0-100加速はまだわかっていません。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました