マニュアルトランスミッションの歴史

マニュアル コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

マニュアルトランスミッションは、今や消えつつあります。MTを製造するメーカーがますます少なくなっているため、過去のものになりつつあります。 それでも、主にスポーツカーを中心に、MTはまだあります。ただし、そのクラスの車両でも、MTの運転免許を取らない人が増えているため、徐々に廃止されつつあります。マニュアルトランスミッションの歴史を振り返ってみましょう。

マニュアルトランスミッションの簡単な歴史

マニュアル

トランスミッションは車の重要な部品の1つで、車の速度や出力を制御できます。最初のマニュアルトランスミッションは1894年にフランスの発明家ルイ=ルネ パナールとエミール ルバッソールによって発明されました。これらの初期のマニュアルトランスミッションは単速で、駆動軸に動力を伝達するためにベルトを使用していました。

マニュアルトランスミッションは、自動車の大量生産が開始された 20世紀初頭に普及しました。ドライバーがエンジンから車輪への駆動を切り離すことができるクラッチは、1905年に英国のエンジニアであるヘンリー セルビー ヘレショー教授によって発明されました。しかし、この初期モデルは扱うのがが難しく、ギリギリと歯ごたえのあるノイズが発生していました。

この問題を改善するために、メーカーは「ギア」を追加し始めました。これにより、車の速度とパワーを簡単に制御できるようになりました。今日、マニュアル トランスミッションは多くの車に欠かせないものであり、世界中のドライバーに愛用されています。

スポンサーリンク

マニュアルトランスミッションの進化

マニュアル

マニュアルトランスミッションは、「レブマッチング」と呼ばれるエンジンのインプットシャフトの速度を、選択したギアに合わせる必要がありました。アール エイブリー トンプソンによって 1919年に発明されたシンクロメッシュによって、シフトチェンジはより簡単になりました。

シンクロメッシュを最初に使用した車は、1928年にアメリカで発売されたキャデラックとラサールでした。そして、すべての前進ギアでシンクロメッシュを使用した最初の車は、1952年のポルシェ356でした。

1970年代後半にオートマチック トランスミッションが普及するまで、長年にわたってマニュアルトランスミッションがスタンダードでした。

マニュアルトランスミッションのシフトダウンは難しい場合があり、慣れるまでに時間がかかる場合があります。シフトダウンは、ブレーキング時の安定性に影響を与え、正しく行わないと問題を引き起こす場合があります。シフトダウンを成功させるための鍵は、クラッチを繋げる前にスロットルを少し上げて、より低いギアの速度に合わせることです。これにより、変更がスムーズになり、潜在的な問題を回避できます。ある程度の練習をすれば、手動でシフトダウンするのは簡単で、自然にできるようになります。

マニュアルは消えつつある

マニュアル

歴史的に、マニュアルトランスミッションはオートマチックトランスミッションよりもはるかに幅広いギア選択が可能で、車両のパフォーマンスをより細かく制御できました。また、マニュアルトランスミッションは、より単純な設計であるため、オートマチックトランスミッションよりも信頼性が高いものでした。

さらに、マニュアルトランスミッションは昔、エネルギーを浪費するトルクコンバーターがないため、オートマチックトランスミッションよりも燃費が良かったのですが、時間の経過とともに技術も進歩して、このメリットは逆転されてしまいました。それでも、オートマチックトランスミッションよりも車を操っている感覚があり、運転自体を楽しめることから、主にスポーツカーを中心に、現在でもマニュアルトランスミッションの設定は残っています。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました