フェラーリ製エンジンを搭載したマセラティ車が終わりに近づいている

フェラーリ製エンジンを搭載したマセラティ車が終わりに近づいている コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

フェラーリ製 V6および V8エンジンを搭載したマセラティの高級車の時代は、2つのブランドが残りの関係を断ち切り、別々の道を歩むため、今年の終わりまでに終了する予定です。

フェラーリのエンジンは、2000年代初頭以降に販売されたほぼすべてのマセラティモデル (V6またはV8エンジンを搭載した、セダン、クーペ、コンバーチブル、SUV) に搭載されていました。

契約が締結されたとき、マセラティはフェラーリの子会社でしたが、2016年以降、両社間にはエンジン契約以外の関係はありません。

エンジン供給契約の終了の影響

フェラーリは2022年に記録的な売上高と利益を記録

フェラーリは、最新の投資家レポートで、この契約は、過去5年間で自社の車よりも多くのエンジンをマセラティに販売しており、2023年12月に終了することを発表しました。

フェラーリのエンジン供給契約の終了によって影響を受けるマセラティのモデルは、ギブリとクアトロポルテ、レバンテの3つです。これらはエンジン供給終了に伴い、現行モデルの生産を終了するとの事です。

正確な生産終了日はまだ確定されていませんが、現行のギブリとクアトロポルテは、来年のレバンテに先立ち、今年末までに終了する予定であると考えられています。

スポンサーリンク

電動化を急ぐマセラティ

フォルゴーレ

ギブリとクアトロポルテは2025年までに1つのモデルに統合される予定です。現在のギブリとほぼ同じサイズですが、クアトロポルテのバッジが付くと考えられています。新しいレバンテも同様の時期に予定されています。

どちらの車両も、フェラーリのパワーを捨てるだけでなく、ガソリンエンジンを廃止し、電気自動車となる予定です。

これらの3台の車は現在、マセラティが設計した 3.0 リッター ツインターボ ガソリン V6 (F160 または F161) と、フェラーリがスーパーカー用に設計した 3.8 リッター ‘F154’ ツインターボ V8 の2つのエンジンを搭載しています。

10年先までガソリン車の販売を続ける

フェラーリ製エンジンを搭載したマセラティ車が終わりに近づいている

新型クアトロポルテとレバンテは2025年から電動化が予定されていますが、マセラティは10年先までガソリン車の販売を続けると述べています。

同社の最新モデルであるMC20、グレカーレ、新しいグラントゥーリズモ、そして近日発売予定のグランカブリオコンバーチブルは、マセラティが設計した新しいツインターボ V6 と、アルファロメオやジープから派生した4気筒ターボエンジンの2つを使用します。

スポンサーリンク

供給量が減った

フェラーリ製エンジンを搭載したマセラティ車が終わりに近づいている

フェラーリの年次投資家レポートに掲載された数値によると、同社は昨年、マセラティ向けに約 9,140 個のエンジンを生産し、その内V6エンジンが8,020基で、V8エンジンが1,120基との事です。

これは、2017年に生産された45,870基 (43,000基のV6、340基のツインターボ V8、および2530基の自然吸気 V8) から大幅に減少しています。これらのエンジンは、2019年に生産が終了するまで前世代のグラントゥーリズモとグランカブリオに動力を供給していました 。

これは、フェラーリが 2022年にマセラティに販売したエンジン数とほぼ同じ数の13,221台を顧客に販売したことを意味します。

昨年、マセラティ向けの V6 と V8 は、フェラーリが 1 日あたりに生産するエンジンの約40%を占めていましたが、2017年には84%に達していました。

目標台数に届いていない

フェラーリ製エンジンを搭載したマセラティ車が終わりに近づいている

2015年、フェラーリはマセラティとのエンジン契約により、「2020年までに合計で最大178,000基のエンジン」と「2023年まで最大260,000基のエンジンを供給し、マセラティが計画しているモデルレンジと販売の拡大に対応する」と述べていました。

しかし、このパートナーシップは目標に達しておらず、2015年から 2022年の間に約189,000台のエンジンが生産され、その92%がV6 エンジンでした。

スポンサーリンク

マセラティの今後のエンジン

フェラーリ製エンジンを搭載したマセラティ車が終わりに近づいている

フェラーリが設計したV8の後継は、「ネットゥーノ」と呼ばれるマセラティの自社製 3.0リッター ツインターボ V6エンジンで、MC20で最大630ps/730Nm、または新しいグレカーレで最大 530ps/620Nm を発生させます。

これらの出力は、現在のギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテ トロフェオに搭載されているフェラーリ ツインターボ V8の580psと750Nmのピークに匹敵します。

画像出典:マセラティ

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました