ほとんどの人が知らない600馬力のV8エンジンを搭載したトヨタMR2

ほとんどの人が知らない600馬力のV8エンジンを搭載したトヨタMR2 コラム
この記事は約5分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ル・マン24時間レースは、最もプレステージの高い過酷なレースのひとつであるため、トヨタなど多くの自動車メーカーが参戦を希望していました。90年代のGT1クラスでは、「ホモロゲーションされた公道仕様のレースカーでなければ出場できない」というルールがありました。そこでSARDが中心となって開発したのが、このトヨタMR2のパワーアップ バージョンであるMC8です。

SARDは、デンソーサードスープラなど、数々のチャンピオンを獲得した実績を持つトヨタのワークスチーム。MC8ロードカーを作るのに、SARD以上の適任者はいないと多くの人が思うでしょう。GT1クラスに参戦するためには、ホモロゲーションカーを1台作るだけでいいんです。つまり、この世で1台しか存在しません。

トヨタ自動車SARDがル・マン24時間レース用に製作した「MC8-R」

ほとんどの人が知らない600馬力のV8エンジンを搭載したトヨタMR2

ル・マン24時間レースは、フランスのサルトサーキットを舞台にした激しい耐久レースです。その名の通り、チームとドライバーは24時間走り続けなければなりませんが、レース中に交代できるドライバーは3人だけです。ル・マン24時間レースに出場するためには、チームが守るべきルールがあり、そのひとつが「ホモロゲーションカー」を作ること。トヨタは、ル・マン24時間レースでチャンピオンを獲得した強力なスープラではなく、別のマシンを使いたいと考え、トヨタMR2を選択しました。

MR2は24時間耐久レースには向かないと思う人も多いでしょうが、そもそもMR2はそれほどパワフルなクルマではありません。そこでトヨタはSARDと共同で、ホモロゲーションに対応したトヨタMR2の新バージョンを開発しました。SARDは、公道走行仕様をMC8、レースカーバージョンをMC8-Rと名付けた。

ほとんどの人が知らない600馬力のV8エンジンを搭載したトヨタMR2

しかし、MC8-RはGT1クラスで活躍することはありませんでした。ライバルがマクラーレンF1、911GT1、バイパーGTS-Rなど、強力なマシンが相手だったからです。さらに、MC8-Rにはレース中にエンジンが火を噴いたこともあるなど、信頼性の問題もありました。1995年のル・マンでは14周目にリタイア。1996年のル・マンでは、完走はしましたが、総合24位、クラス15位という結果に終わっています。

スポンサーリンク

600馬力のV8エンジンを搭載したトヨタ「MR2」のロングバージョン

ほとんどの人が知らない600馬力のV8エンジンを搭載したトヨタMR2

MC8-Rはトヨタにチャンピオンをもたらすことはありませんでしたが、そのロードカーはスーパーカーらしい面白い外観で、多くの人の注目を集めました。

MC8の面白いところは、レクサスLS400(XF10)の4.0リッター 1UZ-FE型V8エンジンを搭載していることです。初代トヨタMR2のNA 2.2L 5S-FEエンジンでは、他のル・マン・レースカーに及ばないというのが多くの人の意見でしょう。

ほとんどの人が知らない600馬力のV8エンジンを搭載したトヨタMR2

MC8-RとMC8ロードカーに、よりパワフルなエンジンを搭載したことは、SARDにとって間違いなく良い選択だったと思います。ただ、MC8ロードカーの場合、SARDは公道走行のためにエンジンを300〜350psの間でデチューンしなければなりませんでした。一方、MC8-Rは、ツインターボを搭載することで600psを達成しました。

V8エンジン以外にも、高速走行時や凹凸のある路面、グリップの低い路面でも安定した走行ができるよう、ホイールベースを延長しています。さらに、SARDはリトラクタブルヘッドライトを固定式ヘッドライトに変更し、大型のリアスポイラーを追加しました。

希少な「SARD MC8」

ほとんどの人が知らない600馬力のV8エンジンを搭載したトヨタMR2

GT1クラスのレースチームは、レギュレーション上、公道走行可能な車両を1台作る必要があるため、ホモロゲーションカーを数台作るだけでよかったのです。そのため、この車はあまり知られていません。しかし、SARDは実際に、外見にいくつかの顕著な改良を加えた2代目MC8を製作した。

1995年の初代MC8は、よりスポーツカーに近い外観で、ホンダNSX-Rのような黒と白の塗装が施されていました。この車体は現在日本にあることが確認されています。

ほとんどの人が知らない600馬力のV8エンジンを搭載したトヨタMR2

その後、SARDは1997年に2台目のMC8を製作し、内部はそのままに、ボディの90%を変更し、よりプロトタイプのスーパーカーに近い外観としました。

2代目MC8では、大型のフロントフェンダーグリル、アグレッシブなフロントバンパー、ワイドフェンダーなどに変更されているのがわかります。また、大型のリアウイングを取り外し、車全体を黒く塗装し、Ford GT40に似たフードスクープを備えています。悲しいことに、この黒いMC8は、すべてのホイールとリアサイドの半分が取り外され、解体現場で目撃したた人が何人もいます。

画像出典:amber corners

Amazon GW Saleは 4/22 (土) 9:00スタート!

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました