自動車修復プログラムのあるカンザス大学に730億円の寄付

カンザス大学 コラム
この記事は約2分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

カンザス州の真ん中にある小さな大学に730億円という大金が贈られた。しかも、この贈り物は匿名だという。

お金は大学の基金に寄付され、自動車修復プログラムだけでなく、幅広いプロジェクトに使われるという。素敵なプレゼントの恩恵を受けるプロジェクトには、新しいスポーツセンターや学生コミュニティ エリアなどの新しい建築プロジェクトや、大学の学生債務救済プログラムが含まれるという。具体的には、修復プログラムのために、この贈り物からのお金は、新しい気候制御された車両保管施設と多くの新しいワークショップ機器に送られるという.

参加するのに経験は必要ない

カンザス大学

このプログラムでは4年間で学士号を取得できるが、学士号の対象は車だけではない。他の専攻と同様に一般教育コースも受講できるという。そうすれば、誰もがもう少しバランスが取れる。また、塗装、板金、内装、エンジン、シャシー、など技術的なコースもあるという。このプログラムに参加するのに経験は必要ない。車を扱う仕事への情熱と学ぶ意欲があれば参加できるという。

スポンサーリンク

自分のショップのセットアップも学べる

その他にも様々なコースがある。マルチメディアストーリーテリング、HTML デザインなどを学べるコミュニケーションコース。主に車に直接取り組むことに関するストレートなテクノロジーコース。ビジネスの運営と自分のショップのセットアップにを学べるマネジメントコースもある。また、新しいスキルを学びたい人のために1週間のサマーコースもあるという。

学位プログラムとサマーコースの詳細については、こちらをチェック。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました