ロス・チャステインがミニ四駆走りでタイトル獲得のチャンスを掴む

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

NASCAR選手のロス・チャステインは、NASCARプレーオフの最終ラウンドに進出するために、Xfinity 500の最終ラップでポジションを5つ上げる必要があった。子供の頃に遊んでいたビデオゲームからインスピレーションを得たチャステインは、アクセルを踏んだまま壁に乗り、まるでミニ四駆のようにライバルであるデニー・ハムリンを追い抜いた。

SNSで話題に

NASCARカップシリーズ プレーオフの最後から2番目のレースである 2022 Xfinity 500 の最終ラップで、ロス チャステインは、最終ラウンドに進むにはデニー・ハムリンを追い抜く必要があった。ハムリンが 5位差をつけた状態で、チャステインはスポーツ史上最も「クレイジー」なオーバーテイクの1つを作り、最後の2つのコーナーで”ミニ四駆走り”を披露。数台の車をパチンコのように抜き去り、ハムリンのカーナンバー11のトヨタをギリギリの差で打ち負かした。

この動きはレースゲームからそのまま出てきたように見え、チャスティンはゲームの世界からインスピレーションを得ていることをレース後のインタビューで認めた。10 代の頃に彼の弟が同じ動きで彼を打ち負かしたことを詳しく説明した。

スポンサーリンク

ファイナルラップだからできた技

ナスカー

ただし、レースゲームとは異なり、これは最終ラップでしか機能しないオーバーテイクだった。壁との長時間の接触により、チャステインの No. 1 シボレーが確実にダメージを負った。チャステインは、この動きが自分の車を壊す可能性があることを十分に認識しており、「物理学がうまく機能してコーナーを曲がれるかどうかはわかりませんでした」と述べた。しかし、残りのレースが非常に少なく、プレーオフ争いでファイナル4に進出する可能性があったため、リスクを冒す価値は十分にあった。そして物理学はうまく機能した。この動きをより壮大なものにする唯一の方法は、チャステインが今週末フェニックス・レースウェイで開催されるチャンピオンシップ・レースで初のカップ・シリーズ・タイトルを獲得することだ。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました