【奇妙な車ファイル】1948年ノーマンティムズ スペシャル

【奇妙な車ファイル】1948年ノーマンティムズ スペシャル コラム
写真:conceptcarz.com
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

約70年前、カリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置く才能あるエンジニアは、空いた時間に車を一から作ることで、彼の夢を実現しようと決心しました。その結果、信じられないほど流線型のミッドエンジン2シーターが誕生しました。

ノーマン・ティムズとは

【奇妙な車ファイル】1948年ノーマンティムズ スペシャル
写真:ピーター・ハーホールド

彼の名前はノーマン・ティムズであり、この野心的なプロジェクトとは別に、レースカーの下の負圧 (別名、グラウンドエフェクト) の使用を開拓したこと、インディ500のエンジニア、ジュニアエンジニアとしてタッカーや伝説的なホイール メーカーであるハリブランドに勤務し、有名なクイックチェンジ リア アクスルなど、同社の初期の製品の多くを設計したことで知られています。

スポンサーリンク

どのようにして車ができたか

【奇妙な車ファイル】1948年ノーマンティムズ スペシャル
写真:ピーター・ハーホールド

ティムズは、第二次世界大戦前にヨーロッパのグランプリシーンを席巻した、スーパーチャージャー付きの V16 エンジンを搭載したアウトウニオン (現在のアウディ) ストリームライナーのファンでした。話によると、1940年代半ばに車のアイデアが湧き。自分の考えを紙に書き、いくつかの詳細なスケッチを描き、最終的にいくつかの ¼ スケールのクレイモデルを作成しました。

最終的な設計に落ち着いた後、ティムズは息をのむような2 人乗りロードスターのシャーシを、一連の航空機グレードのクロモリ鋼チューブを溶接して組み立て始めました。1940年代、この溶接は非常に難しいものでした。 それにもかかわらず、才能のあるエンジニアは成功しました。

次に、彼は297cmのホイールベースの構造に、フロントにフォード ビーム アクスルで構成されたサスペンションシステムを装備し、リアにはリジッド マウントの独立したスイングアクスルを製作しました。エンジンはビュイック ストレート 8 エンジンを搭載しました。そのパワーは3速のコラム シフト ギアボックスを介して後輪に供給されました。

巨大なボディ

【奇妙な車ファイル】1948年ノーマンティムズ スペシャル
写真:conceptcarz.com

長さ5.3 mのボディのために、ティムズは木製のベースを製作し、当時の米国で最高のカスタム ビルダーの 1 人であるエミール ディートに連絡を取りました。彼らは協力して、約100枚の個別のアルミニウムシートを叩き出し、その後、それらを溶接してボディを作成しました。

そのボディにグリル、クロームバンパー、両側のステップ プレート、1組のパッカード ヘッドライト、1938 年のフォードから取った小さなテールライト、フロントガラスが取り付けられ、車が仕上げられました。

コックピットはフロントエンドに向かって配置されました。巨大な車体に比べて非常に小さく、運転手以外は乗客がギリギリ入る程度。ティムズは後にそれを黄褐色の革で装飾し、モータースポーツに由来する多数のゲージを追加しました。

スポンサーリンク

ノーマンティムズ スペシャルの波乱万丈なその後

【奇妙な車ファイル】1948年ノーマンティムズ スペシャル
写真:バレットジャクソン

完成から1年後の1949年10月には、モーター トレンド誌の第 2 号の表紙を飾り、その後もさまざまな自動車関連の出版物から多くの注目を集め続けました。しかし、その後は残念なことにロサンゼルスのレストランの前に何十年も駐車されていたようです。その後は、カリフォルニアの砂漠にある納屋の裏に保管されていましたが、2002年に悲惨な状態で発見されました。

その後まもなく、バレット・ジャクソンのオークションでこの伝説的なワンオフに約 17,000 ドルを支払ったコレクターのゲイリー・サーベニー氏の手に渡りました。サーベニー氏は、ティムズの息子さんと知り合う事ができ、幸運にも息子さんが保管していた車の記事の切り抜きとスペシャルの写真を含む父親のオリジナルのスクラップブックを手に入れました。これによりサーベニー氏は、コロラド州ラブランドのカスタムオートによって行われた 7年間にも及ぶレストアを開始することができました。

【奇妙な車ファイル】1948年ノーマンティムズ スペシャル

生まれ変わったストリームライナーは、2010年のアメリア島コンクール デレガンスでデビューし、その後8年間、絶え間なく運転され、アメリカのさまざまなイベントで展示されました。

残念なことに、この自動車芸術作品は、ゲイリー サーベニーの自宅と彼の 76 台の珍しい車のコレクションと共に、2018 年 11 月に発生したウールジーの火災で破壊されました。シャーシが生き残ったノーマン ティムズ スペシャルは、現在のように灰の中から復活する予定です。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました