古い車の方が燃費が良かった危険な理由

コラム
Von Rikita - Eigenes Werk, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=31275414
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

自動車がより高度化、複雑化し、安全機能が充実し、車体が重くなるにつれて、燃費も向上していくものと思われます。しかし、実際はそうではありませんでした。実は、昔の車の中には、現代の車よりも圧倒的に燃費がいいものがあります。例えば、80年代と90年代のあるモデルは、ハイブリッドパワートレインや電気部品がなくても21km/Lを達成できました。では、なぜ技術の進歩した現代の車はすべて同じ燃費を得られないのでしょうか?

燃費の良い旧車の例

コルベア
Berthold Werner – 投稿者自身による著作物, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3817643による

直感に反するかもしれませんが、古い車の中には、現代の車よりも燃費が良いものがあります。

例えば、1963年のシボレー・コルベアは、そのコンパクトなサイズと空力設計のおかげもあって、高速道路で最高12km/Lを達成することができました。これは今日の基準からするとまだ素晴らしいものです。

1967年のフォルクスワーゲン・ビートルは、丸みを帯びたボディと小さなエンジンが象徴的で、優れた燃費性能で知られていました。軽量設計と空冷エンジンによる低燃費で、高速道路で13km/Lを達成しました。

80年代と90年代の車は、さらに優れた燃費を誇っていました。ホンダCRXは22km/Lを達成しました。

これらの古い車は、現代の車に搭載されているような高度な技術や安全機能を欠いていたかもしれませんが、その燃費と手頃な価格でそれを補うことができました。

では、なぜこのような素晴らしい燃費を達成できたのでしょうか?答えは簡単です 現代のクルマよりも軽くて小さかったからです。例えば、CRXの重量は760kgで、同クラスのホンダ・フィットの重量は1,070~1,280kgです。

さらに、古い車はエンジンのパワーが弱く、燃料の消費量も少なかったことも挙げられます。

スポンサーリンク

古いクルマの燃費と安全性の比較

【何キロ?】交通死亡事故と運転速度の関係

古いクルマは、燃費の良さに貢献する反面、衝突時の安全性を低下させる危険なトレードオフの一つでした。また、現在の車で当たり前のように装備されている安全装備も不足していました。昔のクルマは、アルミニウムやグラスファイバーなどの軽い素材で作られていたため、衝突時の保護性能は低かったのです。

その結果、たとえ燃費が良くても、古い車は現代の車よりも危険だったのです。警視庁の統計によると、2021年の交通事故発生件数は30万5425件で、負傷者数は36万1768人。交通事故死者数は2636人でした。

この数字は、安全技術の進歩により時代とともに減少していますが、自動車を選ぶ際の安全性の重要性が強調されています。燃費は重要な検討事項ですが、安全性を犠牲にしてまで選ぶべきものではありません。

現代のクルマが重く、安全になった理由

雪の中で後輪駆動車を運転するための5つのヒント

現代の車は、いくつかの理由で古い車よりも一般的に重くなっています。まず、最近のエンジンは大きくパワフルであるため、それを支えるためにより多くの重量が必要となります。また、衝突時の衝撃を吸収するクランプルゾーンや、重量配分など、安定性と安全性を高めるための工夫が施されていることが挙げられます。

さらに、最近の車には、古い車にはない多くの安全機能が備わっています。アンチロックブレーキ、エアバッグ、トラクションコントロールシステムなどです。重量は増えますが、その分、安全性は格段に向上します。

さらに、最近の車には、古い車にはない機能や快適性が備わっていることがあります。エアコン、先進のインフォテインメントシステム、シートヒーターやパーキングセンサーなどです。これらの機能は重量を増加させますが、運転体験を大きく向上させ、現代の車をより快適で便利なものにしています。

GT memories 10 AF/AS バラードスポーツCR-X (Motor Magazine Mook)
モーターマガジン社
¥1,900(2024/06/25 10:02時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました