ベンツのサブブランド「マイバッハ」の名前の由来

ベンツのサブブランド「マイバッハ」の名前の由来 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

メルセデスの高級ブランドである「マイバッハ」は、究極のラグジュアリーの象徴です。Sクラスと GLSクラスは、メルセデス・ベンツのフラッグシップ車であり、マイバッハモデルは、それらをさらに贅沢な高みへと導きます。これらの車は、豪華な素材、最先端の技術、比類のないレベルの職人技により、究極の快適さと贅沢を提供するように設計されています。

さらに、メルセデス・マイバッハのモデルは多くの場合、標準のメルセデス・ベンツのモデルよりも長く、より広々としたインテリアを特徴としています。ハイエンドの消費者をターゲットにしており、政治家、幹部、有名人のリムジンとしてよく使用されています。そこでマイバッハの名前の由来について見ていきましょう。

マイバッハブランドの始まり

ベンツのサブブランド「マイバッハ」の名前の由来

マイバッハブランドは、ゴットリープ・ダイムラーとともにエンジン研究を行っていたヴィルヘルム・マイバッハが1909年に息子のカール・マイバッハと設立したのが始まりです。このブランドは、富裕層向けの高級車を生産することで知られており、ロールスロイスやベントレーなどの他の高級車ブランドのライバルでもありました。マイバッハは 1940年代まで高級車を生産していました。1952年に息子のカール・マイバッハが引退する際に、ダイムラー・ベンツが 50%の株式を取得し、のちにダイムラー・ベンツの傘下に入りました。

マイバッハのウェブサイトによると「マイバッハ」の名前は、「マイバッハ57」や「マイバッハ 62」など、さまざまな高級車やリムジンに使用されていました。しかし、このブランドは確立された高級車メーカーとの競争に苦戦し、2013年にダイムラーによって廃止されました。マイバッハはその後、2015年にメルセデス マイバッハとして復活しました。

スポンサーリンク

マイバッハのモデルは、豪華さとパフォーマンスの頂点です

ベンツのサブブランド「マイバッハ」の名前の由来

メルセデスマイバッハ S クラスは、自動車工学の真の傑作です。標準のSクラスよりもホイールベースが長く、足元のスペースが広いフルサイズの高級セダンであり、車輪に乗ったプライベート ジェットの感覚を味わえます。インテリアはウッド、レザー、メタルのシンフォニーで、細部に至るまで完璧に仕上げられています。

メルセデス・マイバッハ GLS クラスは、ラグジュアリーと機能の真の融合です。この大型高級SUVは、標準のGLSクラスよりもさらに広々としたエレガントなインテリアを提供します。マイバッハモデルは強力なV8エンジンを搭載し、4MATIC 全輪駆動が標準装備されているため、どんな地形にも簡単に取り組むことができます。GLS-マイバッハは、ラグジュアリーと実用性がいかに共存できるかを示す完璧な例と言っても過言ではありません。

結論として、メルセデス-マイバッハは、究極のラグジュアリーとエクスクルーシブを提供するブランドです。個性を主張し、究極のドライビング体験を提供する車をお探しなら、マイバッハは完璧な選択です。

画像出典:メルセデス・ベンツ

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました