PHEVとEVの戦い①

PHEVとEVの戦い① コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

近年、自動車の電気化が加速しています。純粋な燃焼エンジンを搭載した自動車は、環境問題や騒音問題などの批判が止みません。ますます悪者扱いされるようになっています。効率化が図られ小型化が進んでいるにもかかわらず、ますます厳しくなる法規制。高くなる税金。そのなか私たちは、PHEV(プラグインハイブリッド車)とEV(電気自動車)どちらを選択すれば良いのでしょうか。

安心感

テスラ乗り必見!テスラの充電制限機能の重要性とは

人類は電気自動車よりもエンジンの開発期間の方が圧倒的に長いです。すでにエンジンが確立された技術である以上、モーターのみのEVよりも安心感があります。バッテリーの寿命に対する不安や、航続距離に対する心配もありません。まだまだ給電箇所が不足している日本では、EVで安心して旅行ができません。

PHEVは、EVの世界と内燃機関との間のような存在なのです。

スポンサーリンク

短距離でも

PHEVとEVの戦い①

先述の通り長距離には適していますが、短距離ではどうでしょうか。確かにEVに比べると、PHEVの電気のみの航続距離はかなり短いです。ほとんどのモデルが、電気のみで走行できる距離は60〜100キロ程度でしょうか。

これだけ見るとPHEVが劣っているように見えるかもしれません。ですが、多くのドライバーの短距離移動はこの範囲に収まっているはずです。スーパーへの買い物、子供の送り迎え、通勤。この航続距離だけで十分に足りると思います。

バッテリーに依存しない

PHEVとEVの戦い①

PHEVはEVと違い、電力をバッテリー全てに依存しません。つまりバッテリーの寿命=車の寿命ではありません。劣化はもちろんしますが、長く乗るという点ではPHEVに群杯が上がります。

EVの重くて消耗したバッテリーを長く使っていたら、移動コストは上がる一方です。その状態ならばPHEVを選択した方がまだ良いでしょう。

スポンサーリンク

バッテリーが切れても走れる

PHEVとEVの戦い①

現在販売されているEVの大半は、ジャンプスタートすることができません。なぜなら電力がないと走れません。その点、ガソリンがあれば走行できるPHEVは寒い地方や山道に最適です。もしEVで道中にバッテリー切れを起こしてしまった場合、レッカーは確実です。近くの充電ステーションまで運ばなければならないので、高額なレッカー代になる可能性があります。

より安価

半導体不足が続く中、大きなバッテリーはそれだけで高額です。そこに大きなモーターを1つ2つ積むのですからEV車体価格は高額になります。PHEVは内燃エンジンのみの自動車よりも高いかもしれません。しかし、EVよりかは安価なものが多いです。

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識
日刊工業新聞社
¥2,420(2024/06/24 18:46時点)
タイトルとURLをコピーしました