事故の際は衝撃に備えるorリラックスどちらが正解?

事故の際は衝撃に備えるorリラックスどちらが正解? コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

自動車事故は望んでいるよりも頻繁に発生しています。ドライバーの77%が生涯で少なくとも 1 回は事故を経験しているという調査もあるくらいです。そこでもし自動車事故にあった際、衝撃に備えるのがいいのか、それともリラックスする方が良いのでしょうか?

衝撃に備えるのか、リラックスするのか

事故の際は衝撃に備えるorリラックスどちらが正解?

信じられないかもしれませんが、交通事故にあった際の最善の行動は衝撃に備えることです。

Association for the Advancement of Automotive Medicineによる2008年の調査によると、自動車事故に備えて体を緊張させると、脚の負傷率が高くなることがわかりました。しかし、体を緊張させることは胸部のような上肢の動きを制限するため、上半身の損傷を減らすことができます。つまり、衝撃に備えることは、(腕や脚の) 付属肢や関節により多くの損傷を与える可能性があることを意味しますが、むち打ち症の持続を含む、体のより重要な部分への損傷を防ぐことができます。また、The Healthy Journalによると、リラックスした状態を保つと、関節、神経、靭帯、および椎間板がさらに損傷を受ける可能性があると指摘しています。

スポンサーリンク

交通事故にあった時はどうすればいい?

事故の際は衝撃に備えるorリラックスどちらが正解?

交通事故の際にリラックスしてはいけないとしたら、どうすればよいでしょうか? Phipps Spine Institute は、次の手順を推奨しています。

  • ヘッドレストに頭を当てる:ヘッドレストに頭を当てて、ヘッドレスト間の距離を縮めます。そうすることで、むち打ち症の可能性が減ります。
  • 常に前を向く:衝撃で頭が曲がると、怪我の可能性が高くなります。
  • 足をブレーキペダルに押し付け、背中をシートに押し込みます
  • 体を緊張させる

さらに、ハンドルの横に手を置いて、肘と膝を曲げることをお勧めします。また衝突を予期して、ハンドル、ダッシュボード、またはその他の硬い表面などで腕を支えないでください。そうすることで、靭帯にさらに損傷を与える可能性があります。

事故が発生した場合、エアバッグが展開し、ダッシュボードに足を乗せていると足に重傷を負ったり、変形したりする可能性があります。そしていつものように、シートベルトを着用してください。上記の死亡事故の多くは、適切な安全対策を講じていれば防ぐことができた可能性があります。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました