マツダのロータリーエンジン復活:ロータリーEVスポーツカーは登場するのか?

全マツダファンが知っておくべき10のコンセプトカー コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

長らく忘れ去られた存在だったロータリーエンジンが、再び注目を浴びています。

かつてはマツダのスポーツカーであるRX-7やRX-8などに搭載されていたこの型破りなエンジンは、その特異な特性と多くのファンから愛されてきました。しかし、環境問題などの波を受けて、ロータリーエンジンは2013年を最後に、ラインナップから姿を消しました。しかし、マツダは今年このエンジンを再び脚光の的とし、新たな未来への可能性を模索しています。

ロータリーエンジンが戻ってきたが、予想外だった

復活したマツダのロータリーエンジンは「RX-9」のエンジンになるのか?

その未来を切り開く車は、マツダ MX-30 R-EVという新しい電動車両です。この車にはシングルローターのロータリーエンジン、35.5kWhのバッテリー、および永久磁石同期電気モーターが搭載されており、長年のロータリーファンのニーズを満たさない型破りな配置ですが、持続可能な方法でロータリーエンジンを活用しています。

新型MX-30 R-EVのロータリーエンジンは、驚くほど革新的なアプローチで使用されています。通常のロータリーエンジンは、車輪に動力を供給するために使用されますが、MX-30 R-EVではバッテリーの残量が少なくなった際にバッテリーを充電するレンジエクステンダーとして活用されます。バッテリー自体は前輪に170馬力を供給するため、非常に効率的に動力を伝えます。これにより、航続距離に関するEVの一般的な懸念が解消されました。

スポンサーリンク

ロータリーとEVの両方の主な欠点を解消

復活したマツダのロータリーエンジンは「RX-9」のエンジンになるのか?

なぜマツダはロータリーエンジンを選んだのか、という疑問が生じるかもしれません。同社は既に他のエンジンを持っているので、ロータリーエンジンがなぜ必要なのか理解する必要があります。その答えは、ロータリーエンジンが持つ多くの利点にあります。

まず、ロータリーエンジンは非常にコンパクトでありながら非常にパワフルであるため、他のエンジンにはない設置スペースを提供します。また、ロータリーエンジンは振動が少なく、非常にバランスが取れているため、NVH(騒音・振動・硬度)レベルの向上に寄与します。さらに、ロータリーエンジンは軽量であり、総体的な効率とパフォーマンスを向上させています。

ただし、ロータリーエンジンは排気に関連する課題も抱えています。ロータリーエンジンは燃焼の過程で予測不可能な排気を生じることで知られており、それに伴う排ガス問題も存在します。マツダはこれに対処すべく、将来のツインローターエンジンに水素などのカーボンニュートラルな燃料を使用できる設計を行っています。これにより、排出物をほぼ完全に排除し、主な排出物は水となり、環境への負荷を減少させます。

マツダはこの技術を今後の車両にも導入する予定

全マツダファンが知っておくべき10のコンセプトカー

現時点では、MX-30 R-EVがこの革新的なパワートレインを搭載した唯一の車ですが、マツダはこの技術を今後の車両にも導入する予定です。ジャパン・モビリティー・ショー2023では、アイコニックSPと呼ばれるコンセプトカーも披露され、さらなる進化が期待されています。

このコンセプトカーには新しいロータリーエンジンと大きなバッテリーが組み合わされ、370馬力の出力を発揮します。これにより、マツダはロータリーエンジンのファンを喜ばせる一方、持続可能なエンジン技術への道を切り開く役割を果たしています。将来の高性能スポーツカーにも期待が高まります。マツダは、過去と未来を結ぶ魅力的なブランドとなる可能性を秘めています。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました