約160円の福引でランボルギーニ・ウラカンを当てた青年の末路が酷すぎた

24歳の青年が約160円の福引でランボルギーニ・ウラカンを獲得、数週間後にクラッシュ コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

懸賞や福引に当選する夢を見たことないですか? 一晩で人生が変わりそうですよね。 ある英国の若い紳士にとって、スーパーカーを獲得したときはまさにそれでした。ただ、喜びは長くは続きませんでした。24歳の英国人はラッフル(チャリティ福引)でランボルギーニ ウラカンを獲得しましたが、数週間後にクラッシュしました。 

ラッフルとは?

24歳の青年が約160円の福引でランボルギーニ・ウラカンを獲得、数週間後にクラッシュ

24歳の青年、グラント・バーネットは黒のランボルギーニ ウラカンが当たる「Click Competitions」のラッフルチケットに 0.99 ペンス (約160円) を支払った後、見事当選して先月スーパーカーの鍵を受け取りました。このラッフルチケットの大賞はランボルギーニまたは£100,000 (約1600万円) の現金でした。車が好きな若者なら誰でもそうするように、コンテストの勝者であるグラント・バーネットはスーパーカーに乗りました。 

スポンサーリンク

ランボルギーニ・ウラカンはどうなった? 

24歳の青年が約160円の福引でランボルギーニ・ウラカンを獲得、数週間後にクラッシュ
大破したランボルギーニ ウラカン | デイリーメール

幸運が訪れるところには、しばしばドラマが続きます。 

若いランボルギーニのオーナーは、夢のスーパーカーを長い間楽しむ事はできませんでした。2月下旬、車を手に入れてからわずか数週間後、バーネットはフェイスブックに、彼の黒いウラカンがクラッシュしたことを報告しました。  

バーネット曰く、クラッシュの原因はスピード違反ではなく、「何頭かの牛」がウラカンの後部にぶつかり、制御不能になったと説明しました。その後すぐに、The Daily Mailに写真が掲載され、広範囲にわたる被害が示されました。Facebookでは「本当はただのスピード違反なのではないか」や「25歳以下は運転を禁止すべき」様々な意見が寄せられましたが、事の真相は誰にもわかりません。 

ボンネットはくしゃくしゃ、フロントクォーターパネルはボロボロ。フロントスプリッターは完全に引き裂かれています。ダメージは醜く広範囲です。

なぜ人々はいつもスーパーカーをクラッシュさせるのか? 

24歳の青年が約160円の福引でランボルギーニ・ウラカンを獲得、数週間後にクラッシュ

安定性制御やその他のコンピューター駆動の運転補助装置の時代に、多くのドライバーは、強力な車を制御するのが非常に難しいという知識を失いました。

ほとんどのドライバーは、4 つの小さなゴム片を数百馬力でグリップし続けることが何を意味するのか、まったく理解していません。今日の多くの車は、さりげなく200 ~ 300馬力を持っています。これは、ほんの数十年前には地球を揺るがすほどのパワーでした。

ランボルギーニ・ウラカンの場合、実に630馬力ものパワーを有しています。コンピューターの助けを借りても、完璧にポテンシャルを引き出すのは素人には難しいものがあります。 

このクラッシュで何が起こったのかについてコメントすることはありませんが、これほどのパワーがある車の運転経験がほとんどない場合、コントロールを失うのは非常に簡単です。 

この事実が、非常に多くのスーパーカーのレンタルやスーパーカーの所有者が溝に落ちたり、車を壊したりする理由です。

24歳の青年が約160円の福引でランボルギーニ・ウラカンを獲得、数週間後にクラッシュ

人々は、意味をなさない奇妙なカジュアルさでスーパーカーを扱います。ほとんどの人は、飛行機を飛ばしたり、牛に乗ったり、スケートボードやロッククライミングができるとは思っていません。

これらの極端な活動にはスキルとトレーニングが必要であることがわかっているのに、なぜこれほど多くのドライバーがハイパフォーマンスカーを運転できると思い込んでいるのでしょうか? 

このランボルギーニに何が起こったとしても、バーネットが彼の車を長く楽しむことができなかったのは残念です。

参照:Click Competitions

【筆者からのお知らせ】Youtube始めました。よろしければチャンネル登録お願いします。

CAR TREND公式Youtube

ジェイソン流お金の増やし方
ぴあ
¥1,430(2024/07/24 11:32時点)
ブログで5億円稼いだ方法
ダイヤモンド社
¥1,760(2024/07/24 08:57時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
タイトルとURLをコピーしました