リアル「グランド・セフト・オート」勃発

リアル「グランド・セフト・オート」勃発 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

カナダ人は親切だとよく言われています。もちろん、多くは善良で親切な人たちですが、中にはそうでない人もいます。

カナダのアルバータ州エドモントン市では、ある男がまるで『グランド・セフト・オート』をプレイしているかのように、複数の車を盗み、車に20回も突っ込み、警察に追われ、最終的には警官と膠着状態になりました。

グランド・セフト・オートをリアルでプレイするカナダ人男性

リアル「グランド・セフト・オート」勃発

このカナダ人は、アルバータ州で乱暴狼藉を働いた際、多くの凶悪犯罪に手を染めました。エドモントン警察によると、この男は少なくとも2台の車を激しくカージャックしたとのことです。警察がカージャック犯と対峙した時には、彼は白のラムピックアップトラックを運転していました。

5月16日の夜、「車が他の車に盛んにぶつかっている」という通報を受け、警察が駆けつけました。警察が到着すると、男はラムのピックアップトラックから降り、それをきっかけに 男と警官のバトルが勃発しました。

膠着状態の中、警官が銃を発砲し、男は自分の車へと逃げました。トラックに乗り込んだ被告人は再び走り出し、警察は再び追跡することになりました。警察によると、この最初の対決の後すぐに、男は2度目のカージャック行為に及び、警察は彼を見失ってしまったとのことです。

スポンサーリンク

映像に言葉を失う

リアル「グランド・セフト・オート」勃発

翌朝、男はまだ逃走を続ける中、警察は、「何度も追突され、銃を持った赤いダッジトラックの男に追いかけられている」とナエーム・イッサ氏からの通報を受けました。イッサ氏と彼の甥は、暴力的なラムの運転手から逃げる映像を撮影しました。

イッサ氏は地元のニュースレポーターに対し、トラックはただ自分の後ろから走ってきて、何の理由もなく彼に突っ込み始めたと語りました。イッサ氏と甥が逃げ始めると、トラックは渋滞でイッサ氏を見失うまで追いかけてきました。しかし、トラックは再び追いついてきました。

「ハイウェイパトロールの保安官とすれ違い、クラクションを鳴らすとトラックはどこからともなく、樽のようにやってきて、私にぶつかってきましたた。私が170キロで走っていたとしたら、彼は220キロ以上で走っていたでしょう。あまりに激しくぶつけられたので、車は緊急モードに入り、もう走れなくなりました。」

イッサ氏は高速道路から降りることができましたが、そこでトラックは彼の横に並び、最終的には彼の前に停車しました。トラックはブレーキを踏んで、イッサ氏に衝突させようとしました。この時、警察が現れ、犯人を追い払ったとのこと。イッサ氏と彼の甥は、体を打ちつけられ、少し痛かったとのことですが、最終的には無傷であったと報告しています。

この事件の結末

追跡の末、男は最終的にチェーンフェンスを突き破って庭の木に衝突しました。警察はその後、車上荒らしと追跡の内容に一致する男を逮捕ました。拘束された男には17件の未解決の令状もあったちのこと。今のところ、警察は容疑者の名前を秘密にしています。

画像出典:Global News Driving in Alberta

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました