【あのブガッティ・シロンも!!】奇妙なリコールの理由6選

ブガッティ コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

リコール制度とは、パフォーマンスや安全性に影響を与える問題が見つかった場合、自動車メーカーにより、回収・修理を行い、事故やトラブルを未然に防止する制度のこと。自動車メーカーは、塗装品質の低下やボディパネルの隙間などの外観上の問題を修正するために行われる、安全に関連しないリコールも行う。この場合はサービスキャンペーンなどという名目で行われることが多い。自動車のリコールは多くの理由で行われるが、これらはあなたが遭遇する最も奇妙なものだろう。

まさかクモにやられるとは…

自動車メーカーは不測の事態に備えて計画を立てているが、まさかクモが自社の車を攻撃するとは思わなかっただろう。

マツダは、 北米などに生息する、イエローサックスパイダーが燃料システム内に生息する可能性があることを発見した。その後、北米で 50,000台を超える Mazda6 のリコールを余儀なくされた。

このタイプのクモはガソリンの煙に引き付けられるため、燃料システム内にクモの巣を作り、Mazda6 のタンクにひびが入る可能性があった。トヨタもまた、クモ関連の問題により、870,000台以上の車両をリコールする必要があった。

スポンサーリンク

バッジを間違えました

自動車のリコールは通常、車両の所有者、乗客、および他の道路利用者に深刻な脅威を与える可能性のある問題を解決するために行われる。しかし、2013年にホンダがバッジの配置を間違ったためにオデッセイをリコールしたときのように、ばかげた間違いを修正するためにリコールが行われることもある。ホンダがオデッセイをリコールしたのは、シルバーのエンブレムがリアテールゲートの運転席側ではなく、助手席側に取り付けられていたためだ。ホンダは、この問題がリセールに影響を与える可能性があることを懸念して、オデッセイをリコールした。

エンジンスタート/ストップボタンの位置が…

lincoln

あまり耳にしないもう1つの奇妙なリコールは、2015年のリンカーン MKCだ。Fordの高級ブランドは、2015年のMKCにボタン操作のトランスミッションを導入し、エンジンのスタート/ストップボタンはナビの真横に配置された。このスタートボタンの位置が原因​​で、ドライバーは運転中に不注意でエンジンを停止させる事例が発生した。MKCの約13,500台がリコールの影響を受けたという。幸い、ボタンの誤操作による事故や怪我は報告されていない。この問題を解決するために、リンカーンはエンジンのボタンを別の場所に移動し、パワートレイン制御モジュールを再プログラムした。

スポンサーリンク

飲み物でエアバッグが作動した

カローラ

飲酒と運転は、明白な理由から一緒に行ってはならない2つの行為であることは既にご存じだろう。車内での飲酒を避けるあまり明白でない理由は、飲み物をこぼすとエアバッグが予期せず展開する可能性があることだ()。1995年、トヨタは1993年から1995年にかけてのカローラとジオ プリズムの 625,000 台以上を、エアバッグ センサーの誤動作によりリコールした。

こぼれた飲み物がカローラのセンターコンソールに流れ込むと、エアバッグセンサーが何らかの影響を受け、エアバッグ警告灯が点灯したり、警告なしにエアバッグが展開したりする。トヨタは影響を受けた所有者にディーラーを訪問して、エアバッグセンサーに保護カバーを配置できるように依頼した。

ウィンカーが逆に動きます

昨年、ヒュンダイとキアは、ドライバーが意図した方向とは反対の方向に方向指示器が点滅したため、約550,000台の車両をリコールした。リコールの影響を受ける車両には、2015-2017 ヒュンダイ ソナタ、2016-2017 ソナタ ハイブリッド、および 2015-2017 キア セドナが含まれる。ヒュンダイは、この問題はジャンクションボックス内のソフトウェアの誤動作が原因であると両社は述べている。幸いなことに、この問題による事故や怪我の報告はない。ヒュンダイの販売店は、影響を受ける所有者のために追加費用なしでソフトウェアを更新した。

スポンサーリンク

ネジが緩かった

ブガッティ

ブガッティ シロンはこれまでに約500台しか製造されていなが、このフランスの高級車メーカーはすべての車に細心の注意を払っている。これが、2018年の Bugatti Chironの1つの例について、ネジの緩みに関する懸念から安全リコールを発行した理由です。

ブガッティによると、製造日が2017年11月16日の、特定のシロンのフロントフレームを固定しているネジの1つが緩んでいる可能性があるという。この問題は、約4億2990万円の車両の所有者に安全上の脅威をもたらす可能性があるため、ネジを締めるにはリコールが必要だった。

参照:HOTCARS

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました