【重量比は50:50を維持!】740馬力の2JZを移植したRX-7

【重量比は50:50を維持!】740馬力の2JZを移植したRX-7 コラム
この記事は約5分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

軽量で時代を超越した美しさを誇るマツダRX-7は、全世界で人気のあるピュアスポーツです。RX-7 FDは、その先進的なデザインと直線を極力排除したスタイルで、多くのファンを魅了しました。

高い剛性を持つシャーシと高性能なサスペンションにより、鋭いハンドリングを実現しています。車両重量は1260kgで、265馬力のシーケンシャルターボ付きロータリーエンジンを搭載しており、印象的なパフォーマンスを提供しています。

しかし、ロータリーエンジンには批判的な意見も存在します。トルク不足からシールの破損、時には発火といった欠陥が、ロータリーエンジンに伴う課題とされています。

何年も葛藤し続けた

【重量比は50:50を維持!】740馬力の2JZを移植したRX-7

キエム・ファム氏は、幼少期からRX-7の曲線的なスタイルに魅了されて育ちました。しかし、彼はロータリーエンジンのファンではありませんでした。

彼の心の中で、いつもスープラの2JZエンジンのポテンシャルを夢見ていました。FDの優れたハンドリングとスタイリッシュな外観と、スープラの卓越したパフォーマンスの間で何年も葛藤し続けたキエムは、最終的に両方を融合させる決断に至りました。それが、今回ご紹介するワイドボディを纏ったマツダRX-7 FD3Sです。

スポンサーリンク

1200km離れた地へ

【重量比は50:50を維持!】740馬力の2JZを移植したRX-7

彼の望む車を手に入れるまでの道のりは実に厳しい物でした。

ある日、彼の友人が1200km離れたコロラドで「理想に近いRX-7」が売られているのを見つけました。

それを聞いたキエムは瞬時に行動。彼らはためらわずにトラックとトレーラーを運転し、FDを見に行きました。車を気に入ったキエムはそのままFDをトレーラーに載せて、再び彼らの住むテキサスへと戻りました。

その後。彼はプロジェクト全体を計画し、満足のいく仕上がりを得るために、できるだけ多くの作業を自分で行う意向を固めました。さまざまな意見が飛び交う中、キエムは、どんなに異端であっても、他の人の声に左右されず、自分のビジョンを実現することが必要だと自覚していました。

心臓移植

【重量比は50:50を維持!】740馬力の2JZを移植したRX-7

購入した「理想に近いRX-7」にはトヨタの名機「VVTI 1JZ」が既に搭載されていました。しかし、米国でのアフターマーケットサポートの不足や、彼が惚れているのは2JZであることから、1JZを撤去することにしました。

そしてキエムは2JZ-GTEのシングルターボを用意しました。このエンジンの搭載にあたり、キエムはエンジン内部をイジることはしませんでした。lこれは2JZエンジンは純正のままでも最大800馬力までのパワーを処理できるからです。

2JZを適切に取り付けるために、キエムはTech 2製のサブフレームとエンジンマウントを使用しました。また、Tech 2カーボンフードを採用して、2JZのためのスペースを確保しました。

エンジン交換に伴う課題を乗り越え、燃料システムとインテークマニホールドをアップグレードした後、キエムの2JZ搭載RX-7は、6,700 RPMで740馬力をE85燃料で発揮します。

スポンサーリンク

微調整

【重量比は50:50を維持!】740馬力の2JZを移植したRX-7

FDの最大の特徴はその軽さです。エンジン交換後、キエムは重量の増加と重量配分の破壊について多くの批判を受けましたが、RX-7は最終的に約68kg重くなりました。それにもかかわらず、ファム氏は重量配分がフロント50.3%、リア49.7%であると主張しています。

2JZエンジンを収めるために、彼は純正ギアボックスをトヨタR154 5速トランスミッションに交換しました。ほぼ理想的な重量配分を維持するために、ファムはサスペンションを強化し、14Kの定格を持つZeal Super Functionコイルオーバーや、他のシャーシブレースを取り付けてハンドリングを向上させました。さらに、ABSユニットを取り外してエンジンルームを整理しました。

ビジョンを具現化させる

【重量比は50:50を維持!】740馬力の2JZを移植したRX-7

RX-7は見た目において優れていますが、キエム・ファムはさらに大きな計画を立てていました。彼のビジョンを具現化させるための最初のステップは、車体をワイドボディにすることでした。

ファムは、TCP MagicのG Faceワイドボディキットを使用し、何ヶ月もの間、自宅のガレージでキットの取り付け作業を行いました。このプロジェクトを通じて、彼はFalkenタイヤのスポンサーシップを獲得するなど、多くの成功を収めました。

【重量比は50:50を維持!】740馬力の2JZを移植したRX-7

FDはFalken RT615K+を履いたVolk Racingホイールに装着されています。インテリアには、カークレーシングロールバーが取り付けられ、シャーシを強化し、将来のレーストラックでの安全性を確保しています。キャビンは、鮮やかな赤のスパルコハーネスとスポーティなBrideシートで飾られ、外観のソニックチタニウムと完璧な対比を成しています。

RX-7の改造には多くの時間と多額の費用がかかったかもしれませんが、キエム・ファムにとってそれは歴史的な旅でした。このプロジェクトは、幼少期からの夢を追求し、それを現実にすることを象徴しています。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラムチューニングカー
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました