復活したマツダのロータリーエンジンは「RX-9」のエンジンになるのか?

復活したマツダのロータリーエンジンは「RX-9」のエンジンになるのか? コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ロータリーエンジンの復活は想像していたものではありませんが、噂のマツダRX-9のエンジンとなる可能性があることを示しています。

自動車メーカーにはそれぞれ代名詞があります。たとえば、ボルボは安全の代名詞であり、トヨタは長寿と信頼性の象徴です。マツダの場合は、ロータリーエンジンと言っても過言ではないでしょう。

かつてロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツやRX-7など、約200万台のロータリーエンジン搭載車を製造していたマツダは、2012年の「RX-8」生産終了を最後にロータリーエンジン搭載車をラインナップから消していましたが、再びロータリーエンジンを復活させる見通しです。

マツダは1月13日、ロータリーエンジンを発電機として使用するプラグインハイブリッドモデルである「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」をブリュッセルモーターショーで初公開しました。

マツダ、ロータリーエンジンを復活

復活したマツダのロータリーエンジンは「RX-9」のエンジンになるのか?

なぜマツダは一度やめたロータリーエンジンを採用したのでしょうか?マツダには小さな3気筒エンジンがありますが、なぜそれを使用しなかったのでしょうか? その答えはパッケージでしょう。

マツダは、必要な出力を小さなパワーユニットで生成できるロータリーの能力を活用するために、ロータリーエンジンを使用することを選択しました。

マツダは、発電機として機能する新しいロータリーエンジンを開発し、167馬力の電気モーターと同じ車軸に配置しました。マツダは、このコンパクトな電動パワーユニットに、17.8kWhのリチウムイオンバッテリーと50リットルのガソリンタンクを組み合わせて、シリーズ独自のプラグインハイブリッドシステムを実現しました。

そこで重要なのが、ロータリーエンジンが直接車輪に動力を供給しているわけではないということです。ただし、これには続きがあります。

スポンサーリンク

RX-9の現実性

復活したマツダのロータリーエンジンは「RX-9」のエンジンになるのか?

マツダが RX ビジョン コンセプトを発表して以来、来るべき RX-9 の憶測がインターネットを交差していました。RX-8の後継モデルが出ると信じられている根拠があります。 CarsGuide Australiaは、2021年にマツダが新しいロータリーハイブリッドエンジンと2ドアクーペの構造に関する特許を申請したと報じています。

しかし、私たちがもっとも興味を持っているのは、マツダが3つの「回転式電動パワートレイン」に関する特許を出願していることです。1つは、新しいMX-30で発表されたe-SkyActiv R-EVです。2 つ目の商標は、e-SkyActiv R-HEV と呼ばれる完全自動充電ハイブリッド システムです。これにより、車両は電気、回転動力、またはその両方の組み合わせを使用して車輪を駆動できます。

復活したマツダのロータリーエンジンは「RX-9」のエンジンになるのか?

ただし、e-SkyActiv R-Energy と呼ばれる 3 番目の特許は、よりパフォーマンス指向のセットアップでロータリーと電気のハイブリッドコンボを使用します。これは、RX-8 の後継機や、マツダが導入する可能性のあるスポーツカーの原動力となる可能性があります。e-SkyActiv R-EV がすでに (少なくともヨーロッパでは) 稼働していることを考えると、R-HEV および R-Energy バージョンがマツダに搭載されるのはすぐにわかります。

しかし、このマツダのスポーツカーが実現しないかもしれないと信じられている理由もあります。TopSpeed はマツダが現在、そのモデル範囲の電動化に力を入れており、状況が良くなった場合にのみ、同社は新しいスポーツカーを検討すると報じています。

ロータリーハイブリッドのマツダスポーツカーがなくなると言っているわけではありません。電動化された CX-70 と CX-90 の後、マツダはロータリークーペのアイデアを復活させようとするかもしれません。今のところ830 ccの形式ではありますが、ロータリーエンジンが復活するのを見るのは前向きな兆候です。

1/64 Mazda RX-7 (FD3S) Project D/高橋啓介 (ディオラマセット)
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥6,800(2024/04/12 13:51時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました